ホーム > 2017年9月記者発表資料 > 「第30回丹波の森ウッドクラフト展(木のおもちゃ大賞展)」一般の部入賞者決まる!

ここから本文です。

「第30回丹波の森ウッドクラフト展(木のおもちゃ大賞展)」一般の部入賞者決まる!

2017年9月14日

担当部署名/(公財)兵庫丹波の森協会兵庫県立丹波年輪の里管理課  直通電話/0795-73-0725

 

 

「第30回丹波の森ウッドクラフト展(木のおもちゃ大賞展)」

一般の部入賞者決まる!

     第30回丹波の森ウッドクラフト展(木のおもちゃ大賞展)・一般の部審査会を、去る9月6日(水曜日)に実施し、

     応募作品数94点から、グランプリ(文部科学大臣賞)以下11点の入賞者を決定しましたのでお知らせします。

     また、9月17日(日曜日)から10月1日(日曜日)までの間、全ての出展作品を丹波年輪の里木の館ホールにおいて

     展示するとともに、表彰式を来る11月5日(日曜日)13時30分から行います。

     なお、グランプリ以下入賞作品の審査講評は、9月15日(金曜日)以降にご用意できます。

     入賞結果はホームページにも掲載する予定です。http://nenrin.org/w_craft/

     1 応募状況  出展作品数94点(前回:77点)

             出展者数91名(前回:74名)

            (北海道から沖縄まで26都道府県からの応募があった。前回:21都道府県)

     2 入 賞 者   別紙(参考)兵庫県内からは5名の入賞者があった。

            ・今回のテーマ別部門のテーマは「30」で、94点中35点が

             テーマ作品であった。

            ・グランプリ作品は、ロッキングチェアーに揺られながら、珈琲タイムや読書、

             薪ストーブのある部屋で炎を見ながらゆったりとした時間を過ごす。

             そんな夢を小さな空間に表現してあります。

             ※煙突がスイッチになっていてLED照明が点灯します。

             小物を自由に配置して自分なりに楽しんでください。

            ・学生からの出展47点の中から「学生賞(丹波市製材協会賞)が選ばれた。

             若い世代の活躍に期待が寄せられている。

             (参考)学生出展数47名、47点(昨年度36名、37点)

 

     3 審 査 員   審査委員長  小黒 三郎 (組み木デザイナー)

              審 査 員  渋谷 寿  (名古屋女子大学教授)

                    日野 永一 (兵庫教育大学名誉教授)(50音順)

     4 展示期間  平成29年9月17日(日曜日)~10月1日(日曜日)

             9時00分~17時00分最終日は15時00分まで

            なお、展示期間中、来場者による作品(入賞作品以外)の人気投票を行います。

            選ばれた作品の出展者と、投票者の中から1名に丹波の特産品(スイーツ)を贈呈。

     5 表 彰 式   平成29年11月5日(日曜日)13時30分~

            (於)丹波年輪の里木の館・研修室

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。