ホーム > 2017年10月記者発表資料 > 丹波の森公苑 展示ギャラリー「フランス刺繍作品展「陸子の世界」~母の遺した糸で綾なす~」の開催について

ここから本文です。

丹波の森公苑 展示ギャラリー「フランス刺繍作品展「陸子の世界」~母の遺した糸で綾なす~」の開催について

2017年10月13日

担当部署名/公益財団法人兵庫丹波の森協会丹波の森公苑文化振興部  直通電話/0795-72-5170内線220

 

 

丹波の森公苑展示ギャラリー

「フランス刺繍作品展「陸子の世界」~母の遺した糸で綾なす~」の開催について

 

     丹波の森公苑展示ギャラリーでは、標記の作品展を下記のとおり開催しますので、是非、ご覧ください。

     1. 展示会名  「フランス刺繍作品展「陸子の世界」~母の遺した糸で綾なす~」

     2. 会  期  平成29年10月14日(土曜日)~10月25日(水曜日)

             9時~17時まで(最終日は15時まで)

             16日(月曜日)、23日(月曜日)は休館日

     3. 主 催 者   小椎尾陸子(コシイオリクコ)

     4. 展示内容  糸工芸70点

     5. 主催者PR 刺繍を取り組む過程では、まずテーマを考え、モチーフを考案、配色(糸選び)、刺し方の工夫と1針1針の

            作業で時間を要するものでした。手直しすることもしばしばで、集中と根気だけが頼りの作業ですが、1作1作

            出来上がった時は喜びもひとしおです。

            母の遺してくれた糸を一本も粗末にすることなく、足りない時は補充しながら使っています。その糸で大小様々

            な作品が約800点の作品として蘇りました。今回で、第5回となる作品展は「花言葉シリーズ」です。新作その他

            70点四季折々の作品を展示します。

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。