ホーム > 2018年6月記者発表資料 > 第10回記念国蝶オオムラサキ放蝶会の参加者募集について

ここから本文です。

第10回記念国蝶オオムラサキ放蝶会の参加者募集について

2018年6月8日

担当部署名/(公財)兵庫丹波の森協会・丹波の森公苑森づくり課  直通電話/0795-72-5165(直通)

 

 

第10回記念国蝶オオムラサキ放蝶会の参加者募集について

----300匹のオオムラサキが里山にはばたく-----

     【趣  旨】

      丹波の森公苑では、丹波の里山に国蝶オオムラサキが舞う姿を取り戻し、良好な里山環境を次世代に繋げていくため、平成19年から

      専用ケージの中で、準絶滅危惧種の国蝶オオムラサキの飼育に取り組んでおり、平成21年からは飼育したオオムラサキの放蝶会も行

      っています。

      丹波の森公苑内には専用ケージ外でも幼虫が確認されているほか、地域での飼育の取り組みも行われており、少しずつですが、丹波の

      里山にオオムラサキが戻ってきています。

      県内でオオムラサキの飼育に取り組んでいる団体の活動を紹介するともに、さらにオオムラサキが舞う里山に近づけるため、今年もオオ

      ムラサキを放ち、増殖飼育を地域に広めるきっかけとするため、放蝶会を実施します。なお、今回は10回目の放蝶会を記念して例年の

      3倍となる300匹のオオムラサキを参加者全員で里山に放ちます。

 

     【主  催】 (公財)兵庫丹波の森協会・丹波の森公苑、兵庫丹波オオムラサキの会

     【日  時】 平成30年7月8日(日)14時00分~15時30分(小雨決行)

     【場  所】 丹波の森公苑 多目的ルーム及び玄関前芝生広場

     【参 加 料 】 無料

     【募集人数】 300人(先着順)

            ※ いきもののため、参加者分のオオムラサキが確保できない場合があります

     【内  容】

         ①たなばたまつり

         ②学校でのオオムラサキ飼育の取組みについて紹介

          ・丹波地域内の小学校 等

         ③オオムラサキの公苑玄関前芝生での蝶

     【申  込】 申込書に連絡先を記入の上、公苑まで申し込みください。

            (申込方法:電子メール、郵便、ファックス等で)

     【問合せ先】 〒669-3309 丹波市柏原町柏原5600

            丹波の森公苑 活動支援部 森づくり課

            mail : m-mori@tanba-mori.or.jp

            TEL : 0795-72-5165

            FAX : 0795-72-0899

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。