ホーム > 2018年9月記者発表資料 > 「第31回丹波の森ウッドクラフト展(木のおもちゃ大賞展)」一般の部 入賞者決まる!

ここから本文です。

「第31回丹波の森ウッドクラフト展(木のおもちゃ大賞展)」一般の部 入賞者決まる!

2018年9月13日

担当部署名/(公財)兵庫丹波の森協会兵庫県立丹波年輪の里管理課  直通電話/0795-73-0725

 

「第31回丹波の森ウッドクラフト展(木のおもちゃ大賞展)」

一般の部入賞者決まる!

       第31回丹波の森ウッドクラフト展(木のおもちゃ大賞展)・一般の部審査会を、去る9月8日(土曜日)に実施し、応募作品数

       110点から、グランプリ(文部科学大臣賞)以下11点の入賞者を決定しましたのでお知らせします。

       また、9月16日(日曜日)から9月30日(日曜日)までの間、全ての出展作品を丹波年輪の里木の館ホールにおいて展示すると

       ともに、前年度一般の部グランプリ作者による個展を同会場にて同時開催いたします。

       表彰式は、来る11月4日(日曜日)13時30分から行います。

       なお、グランプリ以下入賞作品の審査講評は、9月15日(土曜日)夕方以降にご用意できます。

       入賞結果はホームページにも掲載する予定です。http://nenrin.org/w_craft/

       1 応募状況  出展作品数110点(前回:94点)

               出展者数108名(前回:91名)

              (北海道から沖縄まで22都道府県からの応募があった。前回:26都道府県)

       2 入 賞 者   別紙(参考)

              ・今回のテーマ別部門のテーマは「家族(family)」で、110点中39点がテーマ作品であった。

              ・学生からの出展61点の中から「学生賞(丹波市製材協会賞)が選ばれた。

               若い世代の活躍に期待が寄せられている。

               (参考)学生出展数59名、61点(昨年度47名、47点)

 

       3 審 査 員   審査委員長  小黒 三郎 (組み木デザイナー)

                審査員    渋谷 寿  (名古屋女子大学教授)

                            水上喜行(大阪教育大学名誉教授)(50音順)

       4 展示期間  平成30年9月16日(日)~9月30日(日)

               9時00分~17時00分最終日は15時00分まで

               なお、展示期間中、来場者による作品(入賞作品以外)の人気投票を行います。

               選ばれた作品の出展者と、投票者の中から1名に丹波の特産品(スイーツ)を贈呈。

       5 表 彰 式   平成30年11月4日(日)13時30分~

              (於)丹波年輪の里木の館・研修室

       6 共  催  兵庫県、丹波市、(公財)兵庫丹波の森協会

       7 後  援  兵庫県教育委員会、丹波市教育委員会、篠山市教育委員会、

              (公財)兵庫県芸術文化協会、朝日新聞神戸総局、毎日新聞神戸支局、

              読売新聞豊岡支局、産経新聞社、神戸新聞社、丹波新聞社、

              NHK神戸放送局、三木工業協同組合、(公財)森林文化協会、丹波市観光協会、

              丹波市製材協会(順不同)


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。