ホーム > 2018年9月記者発表資料 > 丹波の森公苑自然体験学習支援事業「里山の秋の実り体験」の実施

ここから本文です。

丹波の森公苑自然体験学習支援事業「里山の秋の実り体験」の実施

2018年9月20日

担当部署名/(公財)兵庫丹波の森協会丹波の森公苑森づくり課  直通電話/0795-72-5165(直通)

 

丹波の森公苑自然体験学習支援事業

「里山の秋の実り体験」の実施

 

     1 趣  旨  丹波の森公苑では、明日の丹波を担う子ども達が、豊かな丹波の自然に触れ、この環境を守り、育てていくことを

             願って、自然体験学習の推進を図っています。

             実りの秋を迎えたことから、丹波の森公苑でドングリやクリ拾い、オオムラサキの幼虫観察を行う自然体験学習支援

             「里山の秋の実り体験」を実施します。

     2 主  催  (公財)兵庫丹波の森協会丹波の森公苑

     3 期  間  平成30年9月26日(水)~10月19日(金)(但し閉館日は除く)

     4 受入対象  篠山市及び丹波市内の保育所、認定こども園、幼稚園及び小学校から応募のあった24施設(詳細は別紙のとおり)

     5 そ の 他   公苑内“丹波ビッ栗の森”については、本事業においてのみ開放します。

     6問い合わせ先   〒669-3309

               丹波市柏原町柏原5600

               丹波の森公苑 活動支援部 森づくり課

                   電話 0795-72-5165

                   FAX 0795-72-0899

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。