ホーム > 地域・交流・観光 > 県民交流 > 県民交流活動 > 丹波地域イベント情報

ここから本文です。

更新日:2017年2月13日

(丹波地域)県民交流広場活動情報(1月~3月)

丹波地域の県民交流広場各実施団体から提供がありました県民広場活動や地区イベント等の情報をとりまとめた「県民交流広場イベント・活動情報」を作成しましたので掲載します。

丹波地域の県民交流広場で行われている活動や取り組みについてご確認いただくとともに、地区で実施される活動の参考としてご活用ください。

また、実施地区外の方々が参加可能な催しも掲載していますので、他地区との交流等にもお役立てください。

県民交流広場イベント・活動情報(1~3月)(PDF:2,718KB) ≪県民交流広場事業≫

県民交流広場とは、身近なコミュニティ施設などを活用して整備される活動の場と、そこで営まれる住民の皆さんによる手づくりの活動を総称したものです。

兵庫県では、市町と連携しながら、県民交流広場のための整備費や活動費への助成などを行い、地域を舞台とした子育て、防犯、環境・緑化、生涯学習、文化、まちづくりなど多彩な分野の活動を通じた元気と安心のコミュニティづくりを応援しています。

 

 丹波地域まちづくり交流会(たんば交流新聞を作ろう!) 

丹波地域まちづくり交流会(集落元気交流会)として、県民交流広場実施団体・地域再生大作戦に取り組んでいる地域等が集まり、取組み内容の共有と参加団体の相互の交流を図り、地域の課題解決のための手法やノウハウを共有するため、テーマ毎にワークショップを行い、それをまとめて「たんば交流新聞」を作成しました。

と  き:平成28年12月3日(土)13:30~17:00

と こ ろ :丹波市立柏原住民センター 2階大会議室

参加団体:15団体 

内  容:【第1部】 たんば大編集会議

     テーマ毎に、小グループに分かれ、各地域から持ち寄っていただいた写真や地図を共有し、それを元に、新聞としての

     構成を考え、見出しや記事を執筆しました。最終的にはデザイナーがそれを新聞の形態にまとめました。

     【第2部】 「たんば交流実践育成講座」※を受講した団体の実践報告(篠山市・丹波市から各1地区ずつ)

     ・柏原自治協議会(丹波市)・・ITを活用した勉強会と、企業と連携して行った情報発信実験、アイデアソンの様子

      を発表

     ・八上まちづくり協議会(篠山市)・・「たんば交流実践育成講座」に参加し、そこで紹介のあった地図関係のサービ

      スを利用したスタンプラリーの実施状況についての報告を発表

     ※丹波地域まちづくり交流会は、丹波地域のコミュニティー再生に向けて、28年度より実施する「たんば交流実践育

     成講座」のシリーズ3回目としても開催

     第3部 完成 ! たんば交流新聞

     完成した新聞をみなさんに披露し、高嶋 正晴 教授(立命館大学産業社会学部教授)より講評があった。

   完成した「たんば交流新聞」

   ①たんばおもろい新聞 (新井地区・草山地区・味間地区)(PDF:1,921KB) 

   ②丹波・篠山ナイト未来新聞(柏原地区・福住地区)(PDF:881KB)

   ③丹波交流新聞(祭・イベント)(久下地区・今田地区)(PDF:269KB)

   ④丹波交流新聞(記念イベント)(上久下地区・生郷地区・中央地区(PDF:2,356KB)

   ⑤丹波交流新聞(農産物)(春日部・大山)(PDF:773KB) 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:丹波県民局 県民交流室

電話:0795-72-0500

FAX:0795-72-3077

Eメール:tambakem@pref.hyogo.lg.jp