ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 丹波県民局 > 丹波県民局長メッセージ(平成30年8月)

ここから本文です。

更新日:2018年8月7日

丹波県民局長メッセージ(平成30年8月)

8月の丹波地域は、夏祭りで華やぎます。
日本遺産のデカンショ節と踊りの祭り「デカンショ祭」(15日(水曜日)・16日(木曜日))、丹波・丹後・但馬の三たん一といわれる
花火の祭り「愛宕(あたご)祭」(23日(木曜日)・24日(金曜日))などが開催されます。

そして、9月に入ると、「丹波の森」のシンボルイベントともいえる「国際音楽祭シューベルティアーデたんば」が始まります。
今年は、丹波の森づくり30周年を記念して、特別バージョンの「まんきつ!シューベルティアーデ」が最終日11月10日(土曜日)に開催されます。
大阪からの貸切電車内でプロの生演奏を聴くことができるなど、楽しさいっぱいのイベントになっていますので、是非、ご参加ください。

丹波の森国際音楽祭「シューベルティアーデたんば」を開催します!

「シューベルティアーデたんば」とは?

「シューベルティアーデ」とは、シューベルトが仲の良い友だちを呼んで自宅のサロンで開催したコンサートのことです。人と自然と文化が調和した「丹波の森」づくりの構想のもと、オーストリア「ウィーンの森」地域との連携から生まれた当音楽祭は、民間ボランティアが中心の実行委員会が実施しており、全国に誇れるイベントです。1995年から今年で24回目の開催を迎えます。過去23回の音楽祭で、地域内外からのべ11万人を超える方にご来場いただいています。

 

2018年の開催内容

 

1.テーマ「丹波が弾む♪パオパオパパパ♪」

2.今年の特色

(1)「今年のフランツ」には、稲本渡氏(クラリネット)を起用します。
(2)ドイツの演奏家(ピアノ)と日本の演奏家が共演し、音楽を通した国際交流を図ります。
(3)県政150周年、丹波の森づくり30周年を期に、音楽祭の意義を再考し25周年に継承します。

3.開催期間平成30年9月9日(日曜日)~11月10日(土曜日)


今年のフランツ:稲本渡氏

4.内容

(1)PRライブ

8月8日(水曜日)

時間:12時~13時所:兵庫県庁1号館芝生広場(神戸市中央区下山手通5-10-1)
時間:14時~15時所:兵庫県立美術館1階ロビー(神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1)

8月13日(月曜日)

時間:12時~16時所:舞鶴若狭自動車道西紀サービスエリア(上り線)(篠山市西木之部字江ノ田ノ坪)

出演者:畑儀文(テノール)等

(2)まんきつ!シューベルティアーデ

1日で3つのコンサートを満喫♪れあいコンサート+ガラ・コンサート
丹波の味覚を味わえる昼食付き!

平成30年11月10日(土曜日)
料金:大人4,500円・中・高校生2,500円事前申込のみ。電車、バスをご利用の場合も、現地集合も同額。
  【ガラ・コンサートのみの場合】大人2,000円(当日2,500円)、中・高校生500円(当日1,000円)、小学生無料(要整理券)

①JR大阪駅又はJR福知山駅からスタート

〈JR大阪駅スタートのコース〉

(a)シューベルティアーデ号Ⅰ(JR貸切電車)JR大阪駅~篠山口駅

車内演奏あり!
出演者:稲本渡(クラリネット)、ラック・ザビエル(フルート)、大島弥州夫(オーボエ)、
    桑原正善(ファゴット)、世古宗優(ホルン)

(b)大型バスで篠山城大書院(篠山市北新町2-3)へ

第1回公演:10時~11時
出演者:稲垣路子(トランペット)、新穂優子(トランペット)、西陽子(ホルン)、戸澤淳(トロンボーン)、上野恭子(チューバ)

(c)昼食(ささやま荘)&河原町散策

(d)大型バスで柏原藩陣屋跡(丹波市柏原町柏原683)へ

第2回公演:13時30分~14時30分
出演者:松原友(テノール)、畑儀文(テノール)、パブロ・エスカンデ(ピアノ)

〈JR福知山駅スタートのコース〉

(a)シューベルティアーデ号Ⅱ(大型バス)JR福知山駅前~柏原藩陣屋跡

シューベルティアーデPR演奏あり

(b)大型バスで柏原藩陣屋跡(丹波市柏原町柏原683)へ

第1回公演:10時~11時
出演者:松原友(テノール)、畑儀文(テノール)、パブロ・エスカンデ(ピアノ)

(c)柏原街中散策&昼食(喜作)

(d)大型バスで篠山城大書院(篠山市北新町2-3)へ

第2回公演:13時30分~14時30分
出演者:稲垣路子(トランペット)、新穂優子(トランペット)、西陽子(ホルン)、戸澤淳(トロンボーン)、上野恭子(チューバ)

②大型バスで両コースから丹波の森公苑へ(合流)

(a)ガラ・コンサート「パパからもらったクラリネット」

〈ウェルカムコンサート〉「だがっきスイッチ」
 
場所:ホールホワイエ時間:15時~15時30分出演者:安永早絵子、安永友昭(打楽器)

会場:丹波の森公苑ホール(丹波市柏原町柏原5600)
開場時間:15時演時間:15時30分

グリンカ作曲愴三重奏曲
モンティ作曲ャルダッシュ
ハチャトリアン作曲の舞
シューベルト作曲上の牧人

出演者:稲本渡(クラリネット)、内藤里美(ソプラノ)、桑原正善(ファゴット)、ティルマン・クレーマー(ピアノ)、
    畑儀文(テノール)

③大型バスで各地へ(JR柏原駅、篠山城大書院、柏原藩陣屋跡、JR福知山駅)
(3)その他のコンサート

(a)オープニング・サロンコンサート「ぼくの大好きなクラリネット」

日時:9月9日(日曜日)〈1回目〉13時~14時30分〈2回目〉15時30分~17時
会場:お菓子の里丹波ミオール館(篠山市東吹)416
料金:3,000円(当日3,500円)※ケーキ・お茶付き
出演者:稲本渡(クラリネット)、細谷公三香(チェロ)、澤田奈央子(ピアノ)、畑儀文(テノール)

他にも、丹波地域の各所で、「街角コンサート」、子どもたちに生の音楽を届けるコンサート「ふるさと音楽ひろば」や
「キン・コン・カン・コンサート」を開催します。詳しくは、下記のパンフレットをご覧ください。

(4)パンフレット等

これまでの取り組み

(1)音楽祭の発展

実行委員会は、民間による運営ですが、設立当初は県や市の補助を受けて運営していました。徐々に活動に対する理解が浸透し、行政からの補助を離れて、現在では協賛企業のご協力を得て運営しています。
長年の取り組みにより、「シューベルティアーデたんば」という言葉は少しずつ定着し、今では丹波地域の秋の風物詩となりました。
過去のフランツの方々がこの音楽祭を足がかりとして全国的にご活躍されている例も数多くあります。丹波地域では、素晴らしいアーティストによる良質な音楽に子どもの頃からふれ合っています。

(2)東日本大震災被災地訪問

シューベルティアーデたんばがスタートした1995年は、阪神淡路大震災で兵庫県が大きな打撃を受けた年です。同じ悲しみを経験したものとして、東北の被災地の子ども達が少しでも元気がとり戻せるよう平成23年度から全コンサート会場で募金活動を行い、被災地の小学校に楽器とミニ・コンサートのプレゼントをしています。

〈本年度の被災地訪問〉

日時:5月29日(火曜日)
会場:福島県相馬市立磯部小学校(相馬市磯部字上ノ台467-2)
訪問者:髙橋麻子氏、竹内将也氏
内容:義援金で購入した楽器の贈呈式とミニ・コンサート
   ※贈呈楽器:卓上木琴及びスタンド(3台)、カウベル(3個)

サイクリング・ドライビングだより

7月30日(月曜日)

休みをとってドライビングで丹波市の春日町柚津にある「ひまわり柚遊農園」に出かけてきました。
山々に囲まれたのどかな田園風景の中に40万本のひわまりが咲く農園で、園内にはひまわりの巨大迷路もあり、子供連れで楽しむこともできます。

 

  

(左から、ひまわりの巨大迷路、迷路でスタンプラリー、切り花を持ち帰り)

丹波県民局長 福本 豊

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:丹波県民局 県民交流室

電話:0795-72-0500

FAX:0795-72-3077

Eメール:tambakem@pref.hyogo.lg.jp