ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 丹波県民局 > 丹波県民局長メッセージ(令和2年12月) > 丹波県民局長メッセージ(令和3年1月)

ここから本文です。

更新日:2021年1月13日

丹波県民局長メッセージ(令和3年1月)

新年、明けましておめでとうございます。

県では、県内の新型コロナウイルスの感染者数が1月5日(火)から8日(金)まで、4日連続で200人を超え、3日連続で1日の最多感染者数を更新するなど、感染が拡大している状況を踏まえ、8日(金)に第34回の対策本部会議を開催し、京都府、大阪府と連携して政府に緊急事態宣言の発出を要請することを決定しました。

丹波地域でも、11月下旬以降、感染者が急増しており、この3連休で計4名の感染者が確認されました。管内ではクラスターが発生していないにも関わらず、累計で47名発生しており、予断を許さない状況ですので、引き続きの感染拡大防止対策の徹底をお願いします。

また、今冬は年末から年始にかけて大雪となり、特に、丹波市青垣町遠阪地区では積雪40cmを越えました。県民局では、降雪が予想される12月~3月の間に待機ローテンションを組み、状況の把握や除雪の指揮等を行っています。昨年末の12月30日(水)も連絡員が待機し対応にあたりました。幸い被害は出ておりませんが、今後も引き続き、雪害対策に取り組んでいきます。なお、県では、道路防災情報として「兵庫県道路情報(外部サイトへリンク)」をウェブサイトで提供していますので、道路規制情報や積雪・凍結情報を確認される場合にご活用ください。

(「兵庫県道路情報」のHP画面)

 

さて、今年も、丹波市山南町の「丹波若松生産者」の方のご厚意で頂いた「七五三(しめ)の若松」が、水をたくさん吸い青々と勢いを増しています。若々しい生命力と、端正な美しさにより、古くから元旦の祝い花として飾られる「丹波若松」は、葉が上に向かって伸びており、幹が硬いのが特徴で、1年間の育苗、3年間の圃場での育成に続き、刈り取り後も、厳しい選別のあと、不要な枝や下葉の除去などの調整を経て、長さを切り揃えて束ね、水あげしたものが、ようやく出荷となる、大変手間暇かけて仕上げたものです。県民局の正面玄関にも今月末まで生けていますので、お越しの際には、是非、ご覧ください。

 

また、大河ドラマ「麒麟がくる」もいよいよ佳境に入り、丹波攻めも描かれました。麒麟は「戦乱の世に平穏をもたらす」と言い伝えられていますので、コロナ禍の中、時空を越えてここ丹波に現れ、コロナを収束し、一日でも早く地域を元気にしてくれる日が来ることを願っています。

なお、先月号でもお知らせしておりました「チャレンジQ」の解答を、12日(火)から丹波教育事務所HP(外部サイトへリンク)に掲載します。県民局の若手職員にも解いてもらいましたが、なかなか答えにたどり着けない問題も多く、非常によく練られた問題だと改めて感じましたので、皆さんも、是非、答え合わせをしてみてください。

ワールドマスターズゲームズ2021関西記念 囲碁ボール大会

昨年の11月29日(日)、丹波市囲碁ボール協会、丹波青少年本部の協力を得て、「ワールドマスターズゲームズ2021関西記念 囲碁ボール大会」を丹波市立柏原住民センター体育館で開催しました。この大会は、生涯スポーツの世界大会、「ワールドマスターズゲームズ2021関西」のオープン競技の一つとして、囲碁ボールがその発祥の地丹波市で開催されるのを記念して開催したものです。

囲碁ボールは、昔、お殿様二人が領地争いを囲碁で決着させたという故事にちなみ、地域おこし、スポーツ振興を図ろうと約30年前に考案されたものです。そのお殿様を祀っている丹波市柏原地域の石見(いわみ)神社には、日本一大きな石の碁盤が奉納されています。是非、機会があれば、石見神社にも足を運んでください。

当日は、徹底したコロナ対策の中、優勝を目指して32チーム96人の熱い戦いが繰り広げるとともに、最年少が6才、最高齢が76才と年齢差がある中で、世代間交流の輪も広がりました。

この大会をきっかけに、囲碁ボールの普及と、ワールドマスターズゲームズの開催機運が高まることを期待しています。

 

(当日の様子)

ジャンボ門松の設置

県立丹波の森公苑の正面玄関では、約20年前から恒例となっている、全長約3mのジャンボ門松を設置しています。この門松は、正月を迎えるにあたって、同苑の里山を舞台に、森・里山を守り育てながら活用することを目指して活動されているボランティアグループ「丹波の森公苑里山倶楽部」の協力のもと、松竹梅、葉ボタン、ナンテンなどを持ち寄り製作したもので、毎年、丹波市の成人式当日まで飾り、新成人に見ていただいています。

今年の成人式は、コロナの影響で延期になりましたが、門松は、「一年の幸福をもたらしてくれる神様のための目印」といういわれがありますので、今年一年、丹波地域に幸福が訪れることを願っています。

 

(丹波の森公苑里山倶楽部によるジャンボ門松設置の様子)

 

 

 

 

丹波県民局長 飯塚 功一

 

お問い合わせ

部署名:丹波県民局 県民交流室

電話:0795-72-0500

FAX:0795-72-3077

Eメール:tambakem@pref.hyogo.lg.jp