ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 丹波県民局 > 丹波県民局長メッセージ(平成29年8月)

ここから本文です。

更新日:2017年9月8日

丹波県民局長メッセージ(平成29年8月)

8月の丹波地域は、夏祭りで華やぎます。日本遺産のデカンショ節と踊りの祭り「デカンショ祭」、丹波・但馬・丹後の三丹一といわれる花火の祭り「愛宕(あたご)祭」などが開催されます。デカンショ祭の会場では、京都府側も含めた丹波地域「大丹波地域」7市町の代表者とゆるキャラが一緒になって観光をPRします。地域内外のみんなで祭りを盛り上げましょう。

お知らせです。丹波地域の魅力を生み出す、再発見する3つのコンテストを行います。締め切りは9月中旬までとなっています。ふるってご応募ください。なお、応募要領など詳しくは下記のトピックスの情報をご覧ください。

  1. 「丹波栗スイーツ商品化企画オーディション」:特産物の栗を使ったスイーツの新商品のアイデアを募集
  2. 「丹波すぐれもの大賞」:丹波地域の新たな魅力となる、すぐれた製品や食品、事業やイベントを募集
  3. 「旅丹」フォトコンテスト(春夏編):丹波地域のありのままの魅力を再発見した写真を募集

9月に入ると、「丹波の森」のシンボルイベントともいえる「国際音楽祭シューベルティアーデたんば」が始まります。そして、9月の後半からは、特産物である栗や大納言小豆の、お菓子や料理が食べられる店を巡る味覚フェアが開催されます。森のふもとのまちかどで音楽を聴きながら、季節限定のおいしいものを食べ歩く、丹波地域を楽しむ絶好の季節が近づいています。味覚フェアの詳しい内容は、来月のメッセージでご紹介したいと思います。

丹波の森国際音楽祭「シューベルティアーデたんば」を開催します!

「シューベルティアーデたんば」とは?

「シューベルティアーデ」とは、シューベルトが仲の良い友だちを呼んで自宅のサロンで開催したコンサートのことです。人と自然と文化が調和した「丹波の森」づくりの構想のもと、オーストリア「ウィーンの森」地域との連携から生まれた当音楽祭は、民間ボランティアが中心の実行委員会が実施しており、全国に誇れるイベントです。1995年から今年で23回目の開催を迎えます。過去22回の音楽祭で、地域内外からのべ11万人を超える方にご来場いただいています。

2017年の開催内容

1.テーマ森に広がる源流の響き」

2.今年の特色伊左治道生氏

(1)「今年のフランツ(シンボルアーティスト)」には、伊左治道生氏(ヴァイオリン)を起用します。(右写真)
(2)ドイツのフライブルク音楽大学の学生(声楽)と日本の演奏家が共演し、音楽を通した国際交流を図ります。
(3)温故知新。二種のヴァイオリン(ピリオド楽器・モダン楽器)の響きを味わい、音楽の源に想いを馳せます。

※ピリオド楽器=改良される前の当時の楽器・一般に古楽器と呼ぶ
※モダン楽器=改良された後の現在の楽器

3.開催期間成29年9月9日(土曜日)~11月11日(土曜日)

4.内容

(1)オープニング・サロンコンサート弦の脈動」オープニング・サロンコンサート

日時:9月9日(土曜日)1回目:13時~14時30分2回目:15時30分~17時
会場:お菓子の里丹波ミオール館(篠山市東吹416)
料金:3,000円(当日3,500円)ケーキ・お茶付き
出演者:伊左治道生(バロック・ヴァイオリン)、佐野健二(リュート&19世紀ギター)
    大西万喜(ヴィオラ・ダ・ガンバ)、畑儀文(テノール)

 

(2)街角コンサート

※料金は500円(高校生以下無料)街角コンサート(山南)

  • 篠山9月22日(金曜日)18時30分~篠山城大書院
       「古城に響く幽弦の世界」
  • 柏原9月30日(土曜日)14時00分~んば黎明館
      「たんば街角カフェ2017~人と時の交差点で素敵な時間を♪~」
  • 市島10月1日(日曜日)14時00分~イフピアいちじまアートサロン
      心ふれあう音楽会~繋がる愛の響き~」
  • 丹南10月8日(日曜日)14時00分~波並木道中央公園茅葺民家
      古民家♬ノスタルジア~V×P+チェロ=ん?~」街角コンサート(柏原)
  • 春日10月14日(土曜日)14時00分~井建築工房
      ロマンティック・オータム~nukumori ga kodama suru~」
  • 氷上10月15日(日曜日)14時00分~分れ資料館
      「水分れに響くシューベルトの調べ北へ!南へ!」
  • 西紀10月22日(日曜日)14時00分~会福祉法人和寿園
      ざぶとんコンサートXXⅢ~古楽器と歌で奏でるやさしい調べ~」
  • 今田10月28日(土曜日)14時00分~庫陶芸美術館研修棟セミナー室
      こんだ街角アフタヌーンコンサート~色づくやきものの里でひとときを~」
  • 青垣10月29日(日曜日)13時00分~芦田公民館
      「あおがき街角コンサート~秋風の贈り物~」
  • 山南11月4日(土曜日)14時00分~勝寺客殿
      さんなん街角コンサートin JYOSYOJI~幸いを運んでくれるお寺にて~」

 

(3)ガラ・コンサートバロックの響・スペインの声・シューベルトの心」ガラ・コンサート

※「ガラ」は祝祭という意味で、ガラ・コンサートとはファイナルを飾る演奏会をいう

日時:11月11日(土曜日)13時開場13時30分開演
会場:丹波の森公苑ホール(丹波市柏原町柏原5600)
料金:大人2,500円(当日3,000円)/中・高校生1,000円(当日1,500円)/小学生無料(要整理券)
出演者:伊左治道生(ヴァイオリン&バロック・ヴァイオリン)、
    フランツェスク オルテガ イ マルティ(バリトン)
    村田佳生(リコーダー)、三橋桜子(チェンバロ)、城村奈都子(ピアノ)、畑儀文(テノール)、平山照秋(おはなし)

 

(4)子どもたちに生の音楽を届けるコンサート ふるさとコンサート

〈ふるさと音楽ひろば〉

  • 5月27日(金曜日)波市立東小学校
  • 6月13日(火曜日)波市立和田小学校
  • 10月18日(水曜日)波市立吉見小学校
  • 10月26日(木曜日)山市立城東小学校

〈キン・コン・カン・コンサート〉~キン(近くで)・コン(コンサートを)・カン(鑑賞)~キン・コン・カン・コンサート

  • 10月6日(金曜日)波市立青垣中学校
  • 11月18日(土曜日)立氷上西高等学校
(5)パンフレット等

詳しい日程等は下記のリンクからご確認ください。

これまでの取り組み

(1)音楽祭の発展

実行委員会は、民間による運営ですが、設立当初は県や市の補助を受けて運営していました。徐々に活動に対する理解が浸透し、行政からの補助を離れて、現在では協賛企業のご協力を得て運営しています。
長年の取り組みにより、「シューベルティアーデたんば」という言葉は少しずつ定着し、今では丹波地域の秋の風物詩となりました。
過去のフランツの方々がこの音楽祭を足がかりとして全国的にご活躍されている例も数多くあります。丹波地域では、素晴らしいアーティストによる良質な音楽に子どもの頃からふれ合っています。 

(2)東日本大震災被災地訪問

シューベルティアーデたんばがスタートした1995年は、阪神淡路大震災で兵庫県が大きな打撃を受けた年です。同じ悲しみを経験したものとして、東北の被災地の子ども達が少しでも元気がとり戻せるよう平成23年度から全コンサート会場で募金活動を行い、被災地の小学校に楽器とミニ・コンサートのプレゼントをしています。

〈本年度の被災地訪問〉

日時:7月11日(火曜日)
会場:仙台市立岡田小学校〒983-0003仙台市宮城野区岡田字北在家67
訪問者:髙橋麻子氏、竹内将也氏
内容:義援金で購入した楽器(コンサートグロッケン)の贈呈式とミニ・コンサート

~サイクリング・ドライビングだより~

7月15日(土曜日)

サイクリングで丹波市の青垣町、道の駅あおがきとその周辺に出かけてきました。道の駅内にある丹波布伝承館には、民芸運動を起こした柳宗悦が「静かな渋い布」と表現した丹波布が飾られています。素朴で使い込むほどに味わいが増していく、ジーンズのデニムに似た印象を私は感じとりました。ここでは後継者を育てる研修も行っています。

丹波布伝承館  

(左から丹波布伝承館外観、内部の展示2種類)

丹波布については、県民局が事務局となり運営するWEBサイト「旅丹(たびたん)」(外部サイトへリンク)にも紹介していますので、その写真もあわせてご覧ください。

 

(丹波布の織込みの様子)

 

丹波市の青垣町と市島町には手打ちのそば屋が集まっており、「奥丹波そば街道」といわれています。築120年余の古民家を改装したそば屋で、昼食をいただきました。暑い中ペダルを踏み汗をかいて到着した後に、落ち着いた和室でいただく、そばとそば湯に体が癒やされました。

  

(左から古民家のそば屋の外観、十割と二八そば、稲の若葉と夏山の深緑)

 

丹波県民局長本 豊

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:丹波県民局 県民交流室

電話:0795-72-0500

FAX:0795-72-3077

Eメール:tambakem@pref.hyogo.lg.jp