ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 丹波県民局 > 丹波県民局長メッセージ(平成29年11月)

ここから本文です。

更新日:2017年11月9日

丹波県民局長メッセージ(平成29年11月)

朝夕に肌寒さを感じる季節となりました。地域を囲む山々が、“丹波霧”につつまれ、紅葉で色づき始めています。
先月お知らせした“丹波大納言小豆ぜんざいフェア”が11月3日から始まっています。紅葉の名所(※このメッセージの最後に紹介しています)を訪れ、ぜんざいをいただく、丹波地域の秋の風情を私も満喫したいと思います。

秋の味覚の話題をもう一つ、一般の方が考えた丹波栗スイーツの企画を、菓子店が商品化し販売するという新企画です。最終オーディションに残った7つ(女子高校生5つ、一般の女性と男性それぞれ1つ)の企画がすべて商品化されることになりました。いずれもアイデアあふれる新商品です。是非ご賞味ください。

丹波栗スイーツ商品化企画オーディション2017

10月14日(土曜日)に行われた、丹波栗スイーツ商品化企画オーディションの最終審査の結果、篠山市・丹波市の菓子店が採用し、商品化・販売することになった7つの企画は、以下のとおりです。

企画作品

企画者名

販売される菓子店舗

写真

栗山椒コラ

ショコラケーキに、マロンペースト、刻んだ栗の甘露煮をあしらい、山椒をまぶしたケーキ。

平山 昌孝

(加東市)

Patissrie M’s Passion

(篠山市杉264-1)

篠山川のさざれ石

篠山川のさざれ石をイメージし、栗や小豆を求肥で包んだ和菓子。

柳里 百合江

(京都府)

諏訪園インター店

(篠山市字三反町164-2)

栗のムースタルト

タルト生地と栗と生クリームを型にいれ、冷やして固めたムースタルト。

合田 葵

(県立西脇高校)

Patissrie M’s Passion

(篠山市杉264-1)

ザクホロクッキーの栗ームサンド

マロンクリームを栗入りクッキーで挟み込んだ、クリームサンド。

三村 真菜

(県立西脇高校)

御菓子司 藤屋

(丹波市山南町井原411)

栗のモンブランロールケーキ

ココアスポンジとマロンクリームのロールケーキ。

須原 楓

(県立西脇高校)

お菓子の夢工房
ときわどうめタウン店

(丹波市氷上町本郷300)

かぼすと丹波栗のタルトモンブラン

タルト生地に、栗の甘露煮とかぼすの果汁をいれたマロンクリームをのせたモンブラン。

仲埜 佑菜

(県立社高校)

お菓子の夢工房
ときわどうめタウン店(丹波市氷上町本郷300)

丹波栗と紅茶のチョコ包み

栗の渋皮煮と紅茶のゼリーをチョコレートで包んだケーキ。

山田 成美

(県立社高校)

Patissrie M’s Passion

(篠山市杉264-1)

 

どの企画も工夫をこらしていて、思いもよらない組み合わせや、おもしろいアイデアばかりでした。
これらの企画がどのような商品となって販売されるのか、みなさんも召し上がってみてはいかがでしょうか。

商品や販売の情報は、こちら(関連ページへリンク)に掲載しているので、チェックしてみてください。

 

(参考)丹波栗スイーツ商品化企画オーディション2017

丹波栗の新たな魅力を引き出すとともに情報発信を行う取組として、一般の方が考えた丹波栗スイーツの企画を
篠山市・丹波市内の菓子店が商品化し、販売するという、今年初めて行う企画。

  • 応募件数:28件
  • 書類審査:商品化する審査員により7企画が通過
  • 最終審査:試食審査により7企画すべてが商品化決定
  • 日時:平成29年10月14日(土曜日)
  • 場所:丹波の森公苑(丹波市柏原町柏原5600)

~サイクリング・ドライビングだより~

10月8日(日曜日)・9日(月曜日・祝日)

家族そろってドライビングで、篠山城下町の味まつりに出かけ、黒枝豆、焼き栗、食べ歩きフェアの栗のお菓子をお土産に購入。そして、“シューベルティアーデたんば”の街角コンサートや、丹波市清住のコスモスまつりを楽しんできました。
街角コンサートは、丹波並木道中央公園の中にある茅葺き民家で、和室のふすまや障子を開放し、プロの音楽家を目の前に、演奏を聞き、一緒に歌い、会話する、親密で趣向あふれる催しとなっていました。
清住のコスモスまつりは、ちょうど満開の時期でした。一面に咲くだけでなく、山々に囲まれた集落と、段々状の休耕田に咲く花が一つの風景となっており、家族みんなで感動しました。

 

(“シューベルティアーデたんば”の街角コンサート)

 

  

(清住コスモスまつり)

 

11月は、紅葉が美しい時期です。特に、丹波市内の9カ寺などお寺の紅葉が有名です。私は、篠山市今田町、丹波焼の里が黄色に染まる景色を楽しみにしています。実際訪れた印象は、後日、このたよりで紹介したいと思います。

丹波市内の紅葉の名所は、こちら(外部サイトへリンク)からご確認ください。

篠山市今田町の紅葉は、旅丹(たびたん)(外部サイトへリンク)でも紹介しています。

 

(丹波焼の里の兵庫陶芸美術館と5月の新緑(左)、11月の黄葉(右))

 

丹波県民局長 福本 豊

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:丹波県民局 県民交流室

電話:0795-72-0500

FAX:0795-72-3077

Eメール:tambakem@pref.hyogo.lg.jp