ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 丹波県民局 > 丹波県民局長メッセージ(令和元年7月)

ここから本文です。

更新日:2019年7月12日

丹波県民局長メッセージ(令和元年7月)

近畿地方も平年より遅く、6月下旬に梅雨入りしました。しかしながら、依然として管内ダムの貯水率は低く、丹波県民局では、渇水対策として、節水の呼びかけを行っているところです。

また、梅雨等に備え、砂防、治山施設などの防災パトロールのほか、当地域では初となる「水防工法技術研修会」を加古川左岸河川敷で開催し、縄結びや土のう作成、土のう積み、シート張り工法などの演習を行いました。

更に、3年ぶりとなる「丹波地域ひょうご防災リーダー講座」もスタートしました。平成26年8月の丹波豪雨からまもなく5年を迎えますが、「自分の命は自ら守る」防災意識を持つことも大切です。前回6月のメッセージを今一度、ご覧いただき、備えをしていただければと思います。(6月のメッセージ

 
(左:水防工法技術研修会、右:防災リーダー講座)

さて、県立柏原病院と柏原赤十字病院を統合再編した丹波地域の医療の拠点「県立丹波医療センター」が7月1日(月曜日)開院しました。66人(研修医を含む)の医師、27診療科目(新設7)、320床(開院時238床)を有し、隣接の丹波市健康センター「ミルネ」とも連携し、急性期から回復期、終末期までの幅広い医療、世界標準の医療を提供していきます。なお、内覧会には、約1200名の参加があるなど、地域の人の強い期待感をうかがわせました。

 
(左:開院記念式典〔6月15日AM〕、右:内覧会〔6月15日PM〕)

第11回丹波の森童謡唱歌の祭典

「日本の童謡・唱歌をひろめる会」主催の第11回丹波の森童謡唱歌の祭典が6月2日(日曜日)、丹波の森公苑ホ-ルで開催され、13グル-プと地元小学生が日ごろの練習の成果を披露。曲名を見てもピンとこなかった曲も、メロディーが流れると、何十年かぶりにもかかわらず、無意識のうちに口ずさんでいました。特別鑑賞の春日町「棚原相撲甚句」では、地元ならではの内容の甚句に、会場全体が湧き上がりました。今後も、親から子、子から孫へ歌い継ぎながら、「歌の輪」「人の輪」「心の輪」がひろがっていくことを願っています。

 
(左:地元の小学生による童謡の合唱、右:棚原相撲甚句)

一般社団法人篠山青年会議所創立50周年記念式典

篠山青年会議所の創立50周年を記念した式典が、6月22日(土曜日)、田園交響ホールで開催。当青年会議所は1970年の創立以来、「修練・奉仕・友情」の三信条のもと明るく豊かな社会の実現をめざし「丹波ささやま大動会」の立ち上げや小学校の交通安全支援などの活動を展開。

式典は、約170人参加のもと、理事長が今年のスローガン「感謝」の文字を強い思いをもって墨で書き上げてスタート、日本青年会議所に入会認承された8月22日から「丹波篠山青年会議所」に名称変更することも発表。

先達の築き上げた伝統をしっかり受け継ぎ、地域の若きリーダーとして更に活躍されることを期待しています。

 
(左:今年のスローガン「感謝」、右:創立50周年記念式典)

一般社団法人丹波市観光協会設立記念式典

丹波市観光協会の一般社団法人化を記念した式典が、6月23日(日曜日)、丹波市のポップアップホールで開催。峰村昌子(サンケイスポーツ編集局編集委員)氏の記念講演「観光資源が未来を拓く」のほか、大河ドラマ「麒麟がくる」に合わせ、明智光秀等のイラストを描いた中川英明氏の登壇やそれをラッピングした自販機のお披露目もあり、大いに盛り上がっていました。講演では、まずは都会に出て行った子供に対して「帰ってこいよ」と呼びかけよう等、丹波市の活性化に向けた様々な提案に参加者は、聴き入っていました。

法人化により、機動力を発揮し、さらなる地域活性化に貢献されることを大いに期待しています。

 
(左上:丹波市観光協会設立記念式典、右:「麒麟が来る」をテーマにした自販機、左下:中川英明氏の登壇)

ラジオ関西「時間です!林編集長」

6月27日(木曜日)、ラジオ関西「時間です!林編集長」に、生放送出演(15時20分から15時39分の19分間)し、丹波地域をPR。来年の大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀の「丹波攻め」の舞台(黒井城跡・八上城跡)へのロケ地誘致に向けた丹波市・丹波篠山市の取り組みや、移住・交流人口の増をめざした「移住・環流プロジェクト」、「丹波地域恐竜化石フィールドミュージアム構想」などについて話しました。画像を含め、下記アドレスでご覧になれますので、是非、アクセス下さい。

http://jocr.jp/hayashi/([時間です林編集長]のURL)(外部サイトへリンク)


(生放送出演)

 

丹波県民局長 飯塚 功一

 

お問い合わせ

部署名:丹波県民局 県民交流室

電話:0795-72-0500

FAX:0795-72-3077

Eメール:tambakem@pref.hyogo.lg.jp