文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合いの変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

  • 詳細検索
  • 検索の仕方
  • 組織から探す
  • サイトマップ
  • モバイル
  • Foreign Languages

ホーム > まちづくり・防災 > 設計・工事 > 制度・基準 > 建築基準条例及びその解説について

ここから本文です。

更新日:2016年6月23日

建築基準条例及びその解説について

建築基準条例の一部を改正する条例(条例第40号)

建築基準条例の一部を改正する条例が平成28年6月10日に公布されました。公布された法令のあらましは、以下のとおりです。

建築基準法施行令(以下「政令」という。)の一部改正により、建築物の2以上の部分の構造が通常の火災時において相互に火熱等による防火上有害な影響を及ぼさないものとして国土交通大臣が定める構造方法を用いるものである場合における当該部分(以下「独立部分」という。)については、政令が定める建築物の廊下、避難階段及び出入口に関する基準の適用に当たり、それぞれ別の建築物とみなすこととされることを踏まえ、建築基準法の規定により建築基準条例で付加する基準が適用されない既存の建築物であって、独立部分が2以上あるものについて増築等(増築、改築、大規模の修繕又は大規模の模様替をいう。)をする場合における、同条例に定める基準の適用について、所要の整備を行うこととした。

建築基準条例及びその解説

建築基準条例の基本的な運用や解釈については、下記の関連資料をご覧ください。(建築基準条例の一部を改正する条例(条例第40号)による改定後の関連資料は(平成28年6月10日版)です。)

本条例の具体的な運用や解釈については、建築計画が尼崎市、姫路市、西宮市、伊丹市、明石市、加古川市、宝塚市、川西市、三田市、芦屋市及び高砂市における場合は当該市の建築基準法を所管する課室まで、その他の区域における場合は当該区域を所管する県民局又は県民センターまでお問い合わせください。

なお、神戸市においては、本条例は適用されません。

建築確認の手続、建築基準の特例等を定める規則の一部を改正する規則(規則第34号)

建築確認の手続、建築基準の特例等を定める規則の一部を改正する規則が平成28年5月31日に公布されました。

関連メニュー

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:県土整備部住宅建築局建築指導課

電話:078-362-3609

FAX:078-362-4455

Eメール:kenchikushidouka@pref.hyogo.lg.jp