ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 西播磨県民局 > 西播磨県民局長メッセージ

ここから本文です。

更新日:2019年6月13日

西播磨県民局長メッセージ

~外国人の方々にとっての西播磨の魅力~

秋のラグビーW杯を皮切りに、ゴールデンスポーツイヤーズが始まりました。また、6月下旬には、G20大阪サミットがあります。

世界中から、日本、関西、兵庫への注目が集まります。当然、外国からの訪問者も格段に増えるはずです。

播磨地域には、世界遺産の姫路城があり、既に年間30万人もの外国人観光客が訪れています。ワールドマスターズゲームズ2021関西などのスポーツ観戦に来た方々も、せっかくの機会なので、姫路城などの観光地に足を運ぶことでしょう。

西播磨地域には、豊かな自然、歴史遺産、海の幸・山の幸など多くの観光資源がありますが、外国人の方々にとって特に魅力的に感じられるものは何でしょうか。

我々日本人からすれば、旅行は非日常体験であり、雄大な自然、美しい景観、立派な建物、賑やかなお祭り、そして少し贅沢な食べ物を求めて出かける方が多いでしょう。

外国人観光客の方々にも、これらのコンテンツはきっと同じように魅力的に感じられるでしょう。ただ、普段の生活習慣自体が日本と大きく異なる外国人の方々には、我々日本の平凡ともいえる普段の生活自体がもの珍しく、むしろ日本に何度か来られて、メジャーな観光地をめぐった経験のある方などには、市場や居酒屋などに魅力を感じて頂けるのかも知れません。そう言えば、先日来日したトランプ大統領も安倍首相とともに、炉端焼きの店に行かれていました。

外国人と言っても、世界の様々な地域から来られるので、気候も違えば、食べ物、文化も違います。個々人の好みもそれぞれ異なるでしょう。千差万別の好みにすべて応えるのは無理ですが、外国人の方々にとっての西播磨の魅力は、我々の想像を膨らませるよりは、既にこの地域に住んでおられる外国人の方々や訪れてくれた観光客の方々に意見を聞いた方が早くわかる気がします。今後、様々な機会を捉えて、外国人の方々に聞き込みをしてみたいと思います。

ちなみに、西播磨に来て2ヶ月の私が、外国人の方々に喜んで頂けるのではないかと感じているコンテンツは、次の3つです。あくまで、個人的見解ですので、違和感がある方もおられるかも知れませんがご容赦ください。

①城めぐり~甲冑・装束体験(既に龍野城下町では、実施中)

西播磨には、山城(利神城、白旗城、感状山城、楯岩城、上月城)、平山城(龍野城)、海城(海岸平城の赤穂城)と、バラエティに富んだ城が点在しています。城の時代背景を学んだあと、甲冑などの伝統的な衣装を身に付ける体験と組み合わせると、貴重な思い出になると思います。

 

佐用町・利神城

龍野城

 

  佐用町・利神城                 龍野城・甲冑試着体験

 

②千種のたたら製鉄<日本刀の原料となる鉧(けら)づくり体験>~刀匠による刀づくりの見学や体験

国宝などの名刀の原料を供給した千種のたたら製鉄の伝統を残そうと、地元の中学生が実習で毎年十数キロの鉧(けら)を製造し、佐用町や相生市の刀匠に刀などを作ってもらっています。

 

たたらの里

クリンソウ

 

   宍粟市千種・たたらの里学習館(正面)       天児屋鉄山跡の石垣とクリンソウ

 

③日本遺産・北前船寄港地(坂越、室津)~地場産品(皮革製品、伝統食料品(酒・みそ・しょうゆ・塩)~カキ料理

北前船で全国へ運び出した地場産品の製造現場の見学・作業体験や古い港まちの散策を楽しみ、海を前にカキをはじめとしたご馳走を堪能できます。

 

室津

廻船問屋

 

  たつの市室津の街並み             室津の廻船問屋(町家)から海を臨む

 

何れにせよ、外国人の方々に地域の魅力をアピールするには、何らかのストーリー性が必要と感じています。皆さんも共に西播磨を売り込むストーリーを考えて、ご提案いただけると大変ありがたいです。

 

 

お問い合わせ

部署名:西播磨県民局 総務企画室

電話:0791-58-2113

FAX:0791-58-2328

Eメール:Nsharimasom@pref.hyogo.lg.jp