ホーム > 2017年3月記者発表資料 > 西播磨県民局初の自転車専用レーンの整備について

ここから本文です。

西播磨県民局初の自転車専用レーンの整備について

2017年3月17日

担当部署名/西播磨県民局龍野土木事務所道路課  直通電話/0791-63-5217

自転車は、買い物や通勤・通学など日常生活で利用され、加えて健康増進や環境保護意識の高まりから利用ニーズが一段と高まっており、歩行者や自転車利用者が安全に通行できる空間の整備が求められています。

特に太子町は、県内でも自転車事故の発生件数が多く(ワースト4位)、平成28年3月に「太子町自転車ネットワーク計画」を策定し、公安委員会と自治体が連携を図り自転車利用空間の整備に積極的に取り組んでいるところです。

この度、県道太子御津線の一部において、西播磨県民局初めての自転車専用レーンを整備し、平成29年3月21日に供用開始をすることとしましたのでお知らせします。

なお、供用当日には、沿道やJR網干駅において太子町「ミスひまわり」も参加した自転車専用レーンの利用促進に向けた啓発活動を行うことで交通安全意識の向上を広く呼びかけます。

詳細は別添ファイルをご覧ください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。