ホーム > 2019年4月記者発表資料 > 「赤穂海浜公園魅力アップ計画」の策定について

ここから本文です。

「赤穂海浜公園魅力アップ計画」の策定について

2019年4月23日

担当部署名/光都土木事務所港湾課  直通電話/0791-58-2249

赤穂海浜公園は、西播磨地域の広域的なレクレーションの拠点として、昭和62年7月の開園以来、わくわくランド(H1.4開園)や、オートキャンプ場(H9.4開園)などを整備し、身近な生活環境にうるおいとやすらぎを与える公園として、年間約50万人の来園者を集め、県民に広く利用されている。
しかし、高齢化の進行や健康意識の高まりなど環境が変化する中、高齢者や未就園児が安心して使える施設や健康増進に資する施設の整備などのニーズに対応した取り組みが求められている。また一方で、「塩の国」など本公園独自の施設を活かした地域の活性化をもたらす公園づくりも求められている。
そこで、有識者、地域住民、関係機関等からなる検討会を平成30年7月から開催し、利用促進・集客増を図ることを目的に、既存施設の有効活用や新たな利用方法の提案を盛り込んだ「赤穂海浜公園魅力アップ計画」を平成31年3月に策定した。

詳細は別添ファイルをご覧下さい。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。