ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 淡路県民局 > 令和元年10月

ここから本文です。

更新日:2019年12月26日

令和元年10月

3海峡クリーンアップで渦潮の世界遺産をめざそう!

淡路県民局長の高見です。

 

鳴門の渦潮の世界遺産登録をめざして行われた、「3海峡クリーンアップ大作戦」に行ってきました。
今年から鳴門海峡に加えて紀淡海峡、明石海峡でも海岸清掃を行い、淡路島あげて世界遺産登録をめざす
体制が整いました。

 

3つの会場をネットでつないで3元中継で実施するという、結構大がかりなものになりました。

3海峡クリーンアップ1

 

オープニングには、なんと西村経済再生・全世代型社会保障改革担当大臣からビデオメッセージで激励が!
赤羽国土交通大臣からメッセージが!
大臣になっても心憎いばかりの気配り。。。
世界遺産登録に向けた住民活動に、今後も応援よろしくお願いします!

 

分別しながらゴミを拾っていきます。

3海峡クリーンアップ2

ドローンを飛ばして上空からも撮影(ちょっと見にくいか)。

3海峡クリーンアップ3

 

私もへっぺり腰でゴミ拾い。細かく砕かれたプラスチックごみが多く、なかなか拾えない。
マイクロプラスチックで海洋汚染が進んでいるということを実感することになりました。
回収するのは大変なので、プラスチックごみを出さないことが大切ですネ。

3海峡クリーンアップ4

 

子ども向けに、塩作り体験も実施。
塩作りは、貴船神社遺跡で出土した遺跡をもとに、古代の製法を再現して行われました。
日本遺産に登録されている、淡路島の海人(あま)が行っていたとされる製法で、土器に入れた海水を
たき火で蒸発させています。

3海峡クリーンアップ5

あわせて700人を超える皆さんが参加してくれて、大成功でした!

3海峡クリーンアップ6

 

兵庫県では、徳島県と共同で学術調査を進め、渦潮の世界遺産登録をめざしています。
淡路島民の皆さんのご理解とご協力をよろしくお願いします!

「献上鯛まつり」に行ってきました!

淡路県民局長の高見です。

 

10月20日、南あわじ市の丸山漁港で「献上鯛まつり」が実施されました。
このイベントは、天皇陛下のご即位にあたって行われる大嘗祭に、丸山の鯛が献上されることを記念して
行われたもので、約2500人の参加者で賑わいました。

 

淡路は若狭・志摩と並び、古来から食材を宮廷に献上してきた「御食国(みけつくに)」です。
中でも淡路の鯛は、大正・昭和・平成の3つの時代の節目に天皇陛下に献上されてきた逸品です。
いよいよ令和の御代となり、再び丸山のタイが献上されるのです。

 

会場となった漁協直営の海産物直売所、魚彩館(うおさいかん)には大漁旗がはためいてます!

鯛献上まつり1

 

そして館内には過去の献上鯛を記念した特産の瓦を用いた記念のレリーフが展示されています。

鯛献上まつり2

丸山献上隊により大正時代の献上鯛作成作業が復刻・披露されました。

 

鯛献上まつり3

 

鯛献上まつり4

 

そして、お目当ての鯛料理のふるまい。
鯛めし、鯛の天ぷら、みそ汁など、ふるまわれた鯛の量はなんと150キログラム!まさに大盤振る舞い、
テントには長蛇の列ができました。

鯛献上まつり5

提供された料理の一部です。

 

鯛献上まつり6

 

めっちゃおいしかったです!

 

鯛といえば「明石鯛」?「鳴門鯛」?なんで淡路島で獲れた鯛が他の地域のブランドなんよ(怒)!

日本一の鯛「あわじ献上鯛(仮称)」の名前で大々的に売り出すで(希望)!

 

丸山漁港の海岸に出れば、遠くに大鳴門橋を一望でき、過去に献上鯛を作ったという弁天島もあって
すばらしい景色です。

 

鯛献上まつり7

 

そして、この弁天島は海釣り公園としても大人気。この日も京都や岡山など、県外ナンバーの自動車が
ズラリ。入場料1000円で釣り放題。今釣れるのはキスかな、メバルかな?

 

鯛献上まつり8

南あわじ市の丸山漁港は魚を釣ってもよし、買ってもよし、景色もよし。ぜひ観光に来てください!

南あわじ市の福良湾に「100年とらふぐ」が出現!

淡路県民局長の高見です。

 

南あわじ市の福良湾に、100年かけて成長したという「100年とらふぐ」が出現しました!

福良といえば通常2年間養殖するトラフグをさらに1年育てて2倍の大きさになった3年とらふぐが有名ですが、
福良湾には100年も育って巨大化した伝説の「100年とらふぐ」が生息しているという。。。

 

先日、福良湾の奥で眠っているのが偶然発見されたんです。

地元福良では天岩戸(アメノイワト)にお隠れになった天照大神(アマテラスオオミカミ)を引き出す
ために宴会を催した神話にちなみ(?)、昨日(10月6日)はワンダーFUGUフェスティバルを開催して
住民こぞって楽しんで、夜には花火まで打ち上げて盛り上がったんです。
すると、とうとうこの「ふくの神」を起こすことに成功したようです!

100年とらふぐ

 

この100年とらふぐをひと目見ることができれば3分寿命が延び、さらに淡路島で3年とらふぐを
食べると1年寿命が延びる、かもしれません。

台風が来ると、またどこかに逃げてしまうかもしれません。急いで見に行きましょう!

Awaji Art Circus 2019オープニングセレモニーに出席しました!

淡路県民局の高見です。

世界中の大道芸人の中から選りすぐりのアーティストが淡路島で1ヶ月にわたりパフォーマンスを繰り広げる
Awaji Art Circus2019がスタートしました。

このイベントは今年で5回目。86ヵ国及び地域404地域692人から厳選された、12ヵ国12組(22人)の
海外アーティストが、超人的な演技や楽しいマジック、すばらしいダンスなどを披露してくれます。

いつ、どこで、どんなアーティストが演技するかはhttp://awajiartcircus.com(外部サイトへリンク)でチェック!

この機会にぜひ淡路島にお越しください。

クラフトサーカスオープニング1

 

迫力あるアフリカの民族伝統舞踊 

クラフトサーカスオープニング2

 

 

超人的なハンド・アクロバット!

 

クラフトサーカスオープニング3

 

 

バルーンに飲み込まれる!楽しいバルーンショー

 

クラフトサーカスオープニング4

 

 

洲本市の竹内市長がペンの上でのバスケットボール回しに挑戦!
バスケットボールを使ったあっと驚くマジックとダンスのショー

 

クラフトサーカスオープニング5

 

クラクションを使った楽しいピエロショー

クラフトサーカスオープニング6

 

動きをお伝えできないのが残念!
すばらしいパフォーマンスをぜひあなたの目でご確認ください!

 

オープニングは1グループ数分の短縮バージョンでしたが、観覧者は大喜び!
「今日は大満足やわ!次は「おっタマげ!」行くで」と言う方も。
そうです。パフォーマンスを観た後は、ぜひ他の施設も覗いてみてくださいね!

伊弉諾(いざなぎ)神宮で神楽祭が開催されました

淡路県民局長の高見です。

伊弉諾神宮で行われた、「神々のふるさと三大神話神楽祭」に行ってきました。

古くから全国に伝わる神楽。その中でも淡路島を舞台とする「国生み神話」、高千穂への天孫降臨を伝える「日向神話」、ヤマタノオロチ退治などの「出雲神話」は三大神話と言われています。

国生みの淡路島が誇る伊弉諾神宮で、高千穂神社と出雲大社の神楽を招いて競演奉納するのがこの神楽祭です。

最初は「出雲神楽」
スサノオノミコトがヤマタノオロチを退治する様子を迫力満点の舞台で魅せてくれます。

いざなぎ1

2番目は「高千穂の夜神楽」
これは天岩戸(アマノイワト)にお隠れになった天照大神(アマテラスオオミカミ)を、アメノウズメノミコトなどの神々が踊って外へお迎えする様子を表現しています。

いざなぎ2

トリは淡路の「国生み創生神楽」。イザナギノミコトとイザナミノミコトが淡路島をはじめとする島々を生み、日本を創り出す様子を表現しています。
淡路島が生まれた瞬間を、子どもの舞で表現しています。

いざなぎ3

国生み神話のフィナーレ

いざなぎ4

いずれも迫力満点で、舞台芸術としてすばらしいレベルのものでした。
来年はオリンピック・パラリンピック、2021年はワールドマスターゲームズ、2025年には大阪・関西万博など、世界的なイベントが目白押しです。そのようななかで、神楽を通じて日本の伝統文化、淡路島の魅力を発信できればと願っています。

あわじ島ウォークが開催されました!

淡路県民局長の高見です。

9月23日秋分の日、洲本市で「あわじ島ウォーク」が開催されました。

今年発足した「あわじ島ウォーキング協会」の主催で、100人を超える参加者がありました。

あわじ島ウォーク1

当日はなんと!トップアスリートたちが応援に駆けつけてくれました!左から
2008年北京パラリンピックの走り幅跳びで日本の義足陸上初の銀メダリストとなった山本 篤さん。

2000年シドニーパラリンピックで車いすバスケットボールに出場した根木 慎志さん。

走幅跳びで世界陸上の代表となった荒川 大輔さん。
世界的なアスリートたちとご一緒できて参加者も大喜び!

当日は台風一過で良いお天気になりましたが、気温30度の暑さ!

みんなで準備運動をしっかりやりました。

あわじ島ウォーク2

10kmコースは州浜橋→炬口台場跡→洲本総合庁舎→栄町→本町→レトロこみち→旧益習館庭園→三熊山洲本城跡→洲本温泉→シーサイドスカイウォーク→大浜海水浴場→洲本市民広場

5kmコースは州浜橋→炬口台場跡→洲本総合庁舎→栄町→本町→レトロこみち→旧益習館庭園→洲本八幡→淡路文化資料館→大浜海水浴場→洲本市民広場

コースごとに出発です!

あわじ島ウォーク3

今回の大会は、「Road to ワールドマスターズゲームズ2021関西」、そう、2年後に関西で開催される、国際的な生涯スポーツの祭典ワールドマスターズゲームズの先行事業として実施されたんです。

淡路島では、正式競技のビーチバレー(会場:慶野松原)に加え、オープン競技としてウォーキング大会の開催が計画されているんです。

自然に恵まれた淡路島には歩いて回れる見所がいっぱい!魅力あふれるウォーキングコースが開発され、世界中の人たちに淡路島を歩いてほしいと願っています。
皆さんもぜひ淡路島を歩いてみてください!

これまでの局長メッセージ

令和元年度

令和元年9月

お問い合わせ

部署名:淡路県民局 総務企画室

電話:0799-26-2008

FAX:0799-23-1250

Eメール:awajisom@pref.hyogo.lg.jp