ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 淡路県民局 > 令和元年11月

ここから本文です。

更新日:2019年12月26日

令和元年11月

東京で観光キャンペーンを行いました!

淡路島観光協会主催の、「淡路島首都圏キャラバン2019」に行ってきました。
場所は白金にある某ホテルの一室。
東京の主な旅行社、交通機関、出版社、広告代理店など、観光の関係者が120名以上集まりました。

東京観光キャンペーン1

 

開会式には観光担当大臣の赤羽先生が駆けつけ、淡路島へ熱いエールを頂きました!
そのガタイで首都圏の人たちを淡路島に押し込んでください。
頼りにしてます!

東京観光キャンペーン2


淡路島の冬と言えば、やはり3年とらふぐですね。
てっさ、てっちり、唐揚げの試食です!

東京観光キャンペーン3


もちろん、淡路ビーフも忘れずに!
ステーキをご試食ください。

東京観光キャンペーン4


おいしいお料理ときたら、やっぱりお酒!
地元の日本酒、都美人のひれ酒をご堪能ください。
社長、いいお酒ばっかり出しすぎでっせ!

東京観光キャンペーン5

飛行機を使えば東京駅から淡路島まで3時間!
札幌に行くより近いんですよ。
しかも、吹雪による欠航の心配もありません<(`^´)>エッヘン。
もちろん関西の皆さんもお待ちしてます。
冬は淡路島で3年とらふぐと温泉をぜひ!

ナースカレーはいかがですか?

淡路島に立地する関西看護医療大学の江川学長に、ナースカレーをいだだきました。
淡路島産の食材を使ったレトルトカレー。

ナースカレー1

来年1月で阪神・淡路大震災から25年。
淡路島も、大きな被害を受けました。
災害時の非常食としても使える、栄養と味に自信のレトルトカレー。

近く販売開始。
予価600円(税別)。
ナースの卵たちが開発したナースカレー。
ぜひご自宅に備えておきましょう!
いや、普通においしいですから。毎日食べましょう!

関西看護医療大学では、淡路島の豊富な資源を活かして、癒やしやセラピーに関する商品を地域連携で
開発しているんです。

 

カレンデュラ(キンセンカ)のお菓子もいだだきました。
パウンドケーキ、クッキー、フィナンシェです。

ナースカレー2

淡路島で栽培されたカレンデュラの花が入っています。
カレンデュラには抗酸化作用があるルテインが多く含まれ、アンチエイジングの効果があるとか。
まさに「健康長寿の島・あわじ」にぴったりのお菓子です。
ただし、食べ過ぎ注意!

 

協力いただいている地元の洋菓子店クローバーさんに行けば購入できます!
おいしいお菓子をいただきながら、香り高いお茶を楽しむ・・・

ナースカレー3

 

今回はイチジクの発酵茶で一休み。
甘いイチジクの香りが部屋一杯に広がります。
あー癒やされるー

ナースカレー4

 

 

皆さんぜひお試しください!
お問い合わせは関西看護医療大学(0799-60-1200)まで。

北淡震災記念公園に行ってきました!

第37回地域づくり団体全国研修交流会が兵庫県で行われ、分科会の一行が淡路島に来てくれました。
最初の視察先である北淡震災記念公園で、私も歓迎のご挨拶をさせていただきました。

 

この施設は、25年前の阪神・淡路大震災の震源断層である、野島断層を保存する「野島断層保存館」
としてスタートしました。
私は施設完成直後に訪問したきりだったので、お久しぶりでした。
現在はセミナーハウスや地震体験施設なども併設され、その充実ぶりに驚きました。

まず最初に、「語り部社長」として有名な?米山社長の講話。

北淡震災記念公園1

 

米山社長は震災当時、自ら被災しながらも消防団員として救助活動に携わりました。
米山社長が涙ぐみながら語る、あまりにも悲惨な現場の状況。

当時、淡路は地域のつながりが強く、多くの人が近所の人に救助されたことで有名になりました。
しかし、それでも助けられなかった人も多かったんですね・・・
改めて、災害への備えの重要性を痛感しました。
震災記念公園を単なる観光施設として訪れる人も多い。
30分くらい見学してすぐ帰っちゃう。
でもそれではこの施設の意義の半分も理解できない。
ぜひ社長の体験談を聞いていってください。

 

館内入り口には阪神高速道路倒壊現場のジオラマが。

北淡震災記念公園2

 

そして震災のパネル展示。

北淡震災記念公園3

 

全国から贈られた千羽鶴も展示されています。

北淡震災記念公園4

 

展示の中核をなす、野島断層。
施設ができた当時は草が生えていたんですが、今では土だけになっています。

北淡震災記念公園5

 

活断層の真横に建っていた家の実物が残されているのも見所の一つ。

北淡震災記念公園6

 

地震体験コーナーでは、阪神・淡路大震災と南海トラフ地震の2つの地震を体験することができます。
これ、意外と人気なんです。
「すごく怖い」「とてもいい(?)」という声をよく聞きます。
この日もお客さんが多くて私は遠慮しました。

 

神戸で実際の揺れを経験した私としては、実は二度と経験したくいんですよね。
災害の映像を観るのも苦手。
ちょっとトラウマぎみ。

北淡震災記念公園7

神戸市長田区で焼け残った、「神戸の壁」もここに移設され、保存されています。

北淡震災記念公園8

この壁、再開発で撤去されそうになっていたのを、市民団体の力で保存したんです。
阪神・淡路大震災では、震災から数年で被災地が復旧されました。
「どこに行ったら被災状況を見れるの?」
こんな質問されても、街はすっかり新しくなってしまっていたんです。


映像や模型で当時の状況を伝えることはできる。
でも、実物に勝るものはないんです。
経験者の生の言葉には、人の心を打つ力がある。
ぜひご来館ください。

淡路島古代フェスティバルに行ってきました!

淡路島は、古墳時代から人が住み着き、鉄器が生産されていたことが分かっています。
2015年には、南あわじ市の松帆(まつほ)で銅鐸(どうたく)が一度に7個も発見され、一躍有名になりました。

地元では、この銅鐸をネタに地域活性化しようという活動が行われているんです。
このイベントはその一環。

古代フェスティバル1

銅鐸のミニチュアや勾玉(まがたま)を製作するコーナー

古代フェスティバル2

子どもたちが懸命に削っているのは、勾玉。

古代フェスティバル3


古代の鉄づくりを体験!
手動のふいごを使って鉄を熱く熱し、石でたたいて形を整えます。

古代フェスティバル4

倭文(しとおり)小学校の子どもたちが作った「しづおり」製品が特別販売されてました。
「しづおり」は古代の織物で、「しとおり」という地名の元になったと言われています。
古代に淡路島を往来していた「海人(あま)」の人々が使っていたらしい。

古代フェスティバル5

「売れたで!」
良い社会勉強にもなりますね。

 

関連グッズも開発・販売中!

古代フェスティバル6

 

有名なバウムクーヘン専門店maaruさんは、銅鐸の持ち手をかたどったバウムクーヘンを販売!

古代フェスティバル7

松帆銅鐸は、現在奈良の国立博物館で調査中。
来年には淡路島に帰ってくるそうですよ。
その時は、ぜひ見に来てくださいね!
おみやげも買って帰ってね!

 UNDOKAI WORLD CUP 2019に行ってきました!

ラグビーワールドカップ、良かったですねー。
私もにわかファンになって、テレビ観戦してました。

 

でも自分でやるのはちょっとねー。
痛そうだし。
そう思った皆さん、ぜひ淡路島で行われる運動会に参加してください!
特別な練習も、道具も要らない、誰もが参加できるスポーツ大会ですよ!

 

11月2日から4日まで、国営明石海峡公園でUNDOKAI WORLD CUP 2019が開催されました。
私は2日目のメダルのプレゼンテーターとして参加。
競技に出られなくて、ちょっと残念。

 

この日の一つ目の競技は昔懐かし大玉転がし。

undoukaiwardcup1

 

二つ目は障害物競走。
写真撮るの忘れました。

 

三つ目はキャタピラレース。

undoukaiwardcup2

 

 

四つ目はバブルロワイヤル。

 undoukaiwardcup3

 

そして、各競技のチャンピオンによるマシュマロ探し競争で、今日のグランプリを決めるんです。

undoukaiwardcup4

顔を米粉で真っ白にして、必死に走ります!
それもそのはず、各競技には豪華賞品が用意されているんです!

 

undoukaiwardcup5

子どもの部の授賞式の様子。


3位は「淡路島産たまねぎ1年分」です!
2位は「淡路島産コシヒカリ米1年分」!1俵(60kg)だって!
1位はなんと「淡路牛1年分」です!
1年しっかり食べてまた来年も参加してくださいね。

 

そして、栄えあるグランプリは、西宮の女の子!

undoukaiwardcup6

この日の賞品は、県立淡路島公園のグランピング施設「グランシャリオ北斗七星135°」の2泊3日
ペア宿泊券!
グランシャリオ、たいへんな人気で予約がなかなか取れないんですよねー。
優先的に泊まれるらしいですよ。うらやましいなー。

 

「クォラ!西宮市民にグランプリ奪われて、悔しくないんか、淡路島民!」
なんてことは、言いませんよ。
老若男女、島内の人も島外の人も、外国人も、この運動会に参加した人はみんな淡路島民です!
淡路県民局長である私が認めます!
ぜひまた淡路島においでください、何度でも!

災害時の停電に備えを!

11月2日から4日にかけて、国営明石海峡公園で、「次世代バッテリーによる『震災に備える』フェスタ」が
開催され、私も行ってきました。

 

阪神・淡路大震災では、長期間電気が使えない状態が続きました。
また、昨年と今年の台風では、長期間の停電にスマホも使えなくなって困った方も多かったのではない
でしょうか。

 

そこで!自宅で電気自動車や太陽光発電を使った蓄電システムを用意して、災害に備えましょう!

震災に備える1

トヨタさんの提案は、プリウスプラグインハイブリッドを使った災害時のバッテリーシステム。
平時はハイブリッドカーとしてプリウスを使い、停電時はプリウスのバッテリーから電気を取り出して
お家で使おうというアイディア。
お宅に太陽光発電を装備している方の中には、発電した電気の10年間の固定買い取り期間が終了する方が
出てくるはず。
そのような方には、家庭用バッテリーを購入して、昼間発電した電力をためておいて、夜間も使用するのが
おすすめ。

 

でも、でも家庭用のバッテリーって、まだ高いんですよね・・・
そこで、プリウスハイブリッドを買って、昼間は家の太陽光発電で電気を貯めて、夜はプリウスから
電気を使ってもOK。
国の補助金を使うとお安く買えるそうですよ。

 

実は淡路島は、太陽光や風力発電だけで島内の家庭の電力をまかなえる「エネルギー自立の島」なんですよ!
エネルギーの地産地消には家庭用バッテリーが不可欠。
淡路県民局・くにうみ協会では、家庭用バッテリーを購入する場合に補助金を出してます!
(大人気で今年度分は売り切れ・・・来年度にご期待ください!)
電気自動車もバッテリーになるなら、補助対象にできないかな?

 

株式会社オーエスさんの提案は、曲げられる太陽光パネル。
軽くて曲げられるので、このようにテントの上とかでも簡単に設置できます。
これで発電した電気を、スーツケース大の持ち運びできるバッテリーに貯めて使います。

震災に備える2

軽いのでリュックやバックパックに引っかけてスマホを充電しながら移動することも可能!
これさえあれば、淡路島最高峰の諭鶴羽山(ゆづるはさん、標高607m)の登山も安心。
たとえ遭難しても、何日でもGPS電波を発信することが可能です!

震災に備える3

避難所にワンセットどうですか、市長さん。

 

この製品、宍粟市(しそうし)の会社で製作しているそうですよ。
みんなで県内製品を購入しましょう!

 

台湾からは、電動スクーターの提案が。

震災に備える4

3本のバッテリーで50kmほど走るとか。
モーターアシスト自転車のレンタルとどっちがいいかなー。

災害時はバッテリーを取り外して屋内の電化製品に使うことが可能。
卓上扇風機だって回せちゃう!

震災に備える5

淡路県民局では、「あわじ環境未来島構想」を推進しています。
環境にやさしく、災害にも強いバッテリー。
あなたのお宅にも導入してみませんか?

淡路ユースフェデレーションのご紹介

 淡路ユースフェデレーションは、株式会社パソナが淡路島に開設した、国際的な人材育成機関です。
現在、21か国から23人の方々が在籍しています。
彼らは淡路市にある「淡路島まなびの郷」で合宿しながら1年間、地方創生や起業についてトップレベルの
教育・研修を受けています。

そして、地元のお祭りなど、様々な行事やイベントにも積極的に参加してくれています。
11月2日から4日まで国営明石海峡公園で行われたNatural Life Festaにも参加していました。

出身国別に様々な出し物で観客を魅了!

淡路ユースフェデレーション1

私もアラビア語で名前を書いてもらいました。

淡路ユースフェデレーション2

これ、文字の向き合ってるかな?
外人さんに漢字で名前を書いてあげるようなもんかな?

皆さんで、歌とダンスも披露してくれました!
みんなノリがいいですねー。
もしかして、外国人?

淡路ユースフェデレーション3


こんなに多様な人材が淡路島で活動していることは、あまり知られてないんじゃないでしょうか。
淡路島の観光PRにも協力してもらいたいです!

淡路島でパルクールを!

『パルクールの聖地、ここ淡路島で、オリンピック出場をかけ、パルクールの全国大会が開催されました!
複数のメダル獲得が期待され。。。ムニャムニャ』

 

ハッ、ウトウトして、夢を見ていたようです。。。
でも、11月2日と3日には、淡路島の国営明石海峡公園で、初めての日本選手権が開催されたんですよ!

 

これが特設コースの全景!

パルクール1

 

 

パルクールは様々な障害物をアクロバティックな動きで華麗に乗り越えていく競技で、ストリートの
壁や建物を乗り越えていく姿をテレビ番組などでご覧になった方もいるのではないでしょうか。

 

 

華麗な動きで障害物を次々に乗り越えていく。。。

パルクール2

 

最後は体操のように回転して着地!

パルクール3

 

ストリートで若者が楽しんでいたスケボーもクロスバイクも、今やオリンピックの正式種目。
特別な道具を利用せず、鍛え上げた肉体だけで演技するパルクールは、体操の一種目として認識されており、
国際体操連盟、日本体操協会がその振興に取り組んでいるんです。

 

2024年のパリオリンピックで新種目採用を目指しているそうなので、淡路島から金メダリストが生まれるのも
本当に夢ではないかも!

 

まだ一般には知られていないかも?
ここは先物買いで、淡路島が「パルクールの聖地」に立候補します!
パルクール関係者のみなさま、よろしくお願いしまーす!

「島の恵み ジェラートのら」さんに行ってきました!

淡路県民局長の高見です。

 

おいしいジェラート屋さんとして大人気の「島の恵み ジェラートのら」さんに行ってきました。
実は淡路島への移住者の方が古民家をリノベーションして始めたお店なんです。

 

淡路県民局では、淡路島への移住希望者を応援しています。
「淡路島で暮らしてみたい」という思う方は「あわじ暮らし」で検索してみてください。
相談窓口のサイトにアクセスできます!

 

仕事の話は置いといて、実は「すごくいいけど、なかなか行けない」「口では場所を案内できない」
というウワサを聞いて、行ってみたんです。私の車の古いナビには載ってない。スマホの道案内で
ようやく見つけました!
え、この道でええの?ほっそ、この道めっちゃ細いやん、俺の車落ちない?
ゆっくりビクビクしながら進んでいくと、車がたくさん駐車している場所に到達!
確かになかなか行けない場所でした。

ジェラートのら1

 

看板があるのでこの家か?普通の日本の民家ですけど。。。でもアプローチとか庭の鉢植えとかちょっと
日本ぽくない。

 

中に入ると、めっちゃオシャレ!手作り感満載なんですが、デザインがすごくいい。

ジェラートのら2

 

ジェラートのら3

 

もちろん、ジェラートも逸品でした!私はチョコとマンゴージュースをいただきました。
インスタ映えするかわいいデザイン。食べるのはもったいないくらいだけどモタモタしてると溶けちゃう。
パクッパクッ。あー秀逸。
甘すぎず、サッパリしたおしいさ。シングルじゃなくてトリプル頼めばよかったかな。。。

ジェラートのら4

 

頂いている間にも若いカップルや家族連れが次々と来店。
これは来るわ。少々苦労しても食べにくる。
皆さんもぜひ行ってみてください。
私もまた行きます。県民局長は移住者を応援します、食べて。

第35回淡路国生みマラソン全国大会に行ってきました。

10月20日、淡路市で第35回淡路国生みマラソン全国大会が開催され、私も来賓として行ってきました。

淡路国生マラソン1

この大会は、ハーフ、9.5km、4kmの3種目で行われるもので、今年は北は岩手県、南は鹿児島県と、
全国から1,900人を超える愛好家が参加しました。
本大会には、ミュージシャンの高石ともやさんも参加。

 

スタート前には勇壮な淡路太鼓の演奏が。

淡路国生マラソン2

 

種目別にスタートしていきます。

淡路国生マラソン3

 

 

実は県民局の職員も何人か参加したんです。
(結果は聞かないでください)
距離は短いですが、アップダウンがあって結構きついコースらしいです。
でも海沿いの道とか、景色も良くて、気持ちのいい大会だそうですよ。

 

 

私も生まれて初めてスターターをやらせていただきました。
ちょっと緊張ぎみ。

淡路国生マラソン4

 

淡路県民局では、「心とカラダの癒やしの島」をキャッチフレーズに、スポーツを楽しむ淡路島づくりを
進めています。
皆さん、ぜひ参加してみてください。

淡路人形浄瑠璃がフランス・シャンポール城で公演!

淡路県民局長の高見です。

 

去る10月5日、淡路人形浄瑠璃が、フランスの世界遺産・シャンポール城で公演を行いました。

人形浄瑠璃フランス1

演目は戎舞(えびすまい)。それに加えて人形レクチャー。

 

2回の公演に約500人の観客が集まり、立ち見が出るほどの大盛況!

人形浄瑠璃フランス2

人形浄瑠璃フランス3

 

公演終了後、記念撮影や人形に関する質問を受けるなど、関心も高く、「人形の動きと節回しがすばらしい」など
大変好評を得ました。

 

公演前には、ちゃっかり淡路島観光DVDを放映して淡路島の魅力をアピールしました。
フランス人は日本のマンガやアニメが大好きだし、淡路島はおいしい料理や花、自然がいっぱい。
地中海にも似ているから、バカンスで1か月ほど淡路島に来てくれないかなー。
フランスには淡路の線香協会がアロマとして線香を売り込み中。
淡路島とフランスは案外相性がいいかも。

 

翌日はパリに移動して、ヨーロッパ中の食の専門家が5000人以上集まるという、日本酒のPRイベント
「サロン・デュ・サケ」の会場で人形レクチャーを実施。
現地の来場者の皆さんに人形繰りを体験していただきました。

人形浄瑠璃フランス4

淡路人形浄瑠璃は、島の外、特に海外ではビックリするくらい評価が高いんです。
ぜひ南あわじ市の人形座にも見に来てください。

 

淡路島の皆さん、これからもこの財産を大切に守っていきましょう。
淡路県民局は、淡路人形座の公演や情報発信を全面的に支援しています。

被災地を結ぶメモリアル花壇

淡路県民局長の高見です。

 

ふるさとひょうご創生マイスター淡路の皆さんが、東日本大震災の被災地支援として実施した、メモリアル花壇の
報告に来てくださいました。

 

東日本大震災から8年が経過しましたが、福島県の被災地では、未だに帰宅すらできないエリアが
広がっています。
平成27年に洲本市で行われた、福島県南相馬市で福祉施設を運営している大井千加子さんの講演を
きっかけに始まった交流から、このたび南相馬市の「ふれあい広場 滝平の里」に、球根1000球を
植えた水仙花壇を設置したそうです。

メモリアル花壇1

25年前の阪神・淡路大震災の直後、当時の美智子皇后は、皇居の庭に咲いていた17本の水仙を、甚大な
被害を受けた神戸市長田区の菅原市場に献花されました。
それ以来、水仙は「復興の象徴」とも呼ばれています。
現在、その花束はエバーフラワー処理されて神戸の布引ハーブ園に展示されています。
そして東日本大震災に仙台市を訪問された美智子さまに対し、被災者の方が水仙の花束を贈られたのです。
津波で洗われた庭に力強く咲いた水仙。
「この水仙のようにがんばります」との決意を込めて。

 

阪神・淡路大震災と東日本大震災の、復興への希望を支えた水仙を通じて、被災地同士の交流を深めて
いただきたいと願っています。

メモリアル花壇2

花壇には、淡路市で震災後の1997年から個人で水仙を植えてきた井上さん(写真から2人目)の
「水仙の丘」のラッパ水仙の球根が移植されたそうです。

 

井上さんはご自分のミカン畑にコツコツと水仙を植え続け、今やラッパ水仙が10万本だそうです。
水仙といえば、南あわじ市の水仙郷が有名ですが、水仙郷の水仙は和水仙。
1月から2月がシーズンです。
「水仙の丘」の水仙は花の大きいラッパ水仙で、3月から4月がシーズン。
淡路島では冬から春にかけて異なる水仙の花を楽しむことができるわけです。
3月になったらぜひ「水仙の丘」においでください!入場無料!

 

そうそう、井上さんから、ラッパ水仙の球根をいただきました。
総合庁舎の花壇に植えたいと思います。
ありがとうございました!

メモリアル花壇3

 

Awaji Art Circus2019コンテストが行われました!

淡路県民局長の高見です。

 

1か月にわたって淡路島で行われたAwajiArtCircus2019もいよいよクロージング。
最後に参加した12組のアーティストによるコンテストが行われました。
会場は県立淡路島公園のレストラン・モリノテラス。

アワジアートサーカス1

パソナグループの南部代表をはじめとする特別審査員に加え、一般のお客さんもお気に入りのパフォーマーに
1票入れることができる、観客参加型のコンテストでした。

 

結果は、1位がロシアから来た「キリル・ファイヤ」!
フリースタイルバスケットボールのすばらしい演技で観客を沸かせてくれました。

アワジアートサーカス2

 

「キリル・ファイヤ」さんには賞金100万円が授与されました!
よほど嬉しかったのか、大泣きしてました。

 

アワジアートサーカス3

 

2位はマジックとアクロバットを組み合わせて観客を驚かせてくれた、フランスの「チーズ・オン・ファイヤ」の2人組。

アワジアートサーカス4

 

3位はカナダから来たアクロバットチーム「トリオ・バンキン」

アワジアートサーカス5

あわじアートサーカスも今年で5回目。
海外のガイドブックには、香川県の直島(なおしま)はアート島として掲載されて、外国人観光客に
人気のスポットになっているのに、淡路島は載ってない!
直島が草間彌生のカボチャのオブジェで集客するなら、淡路島はタマネギで「おっタマげ」で・・・
いやいや、秋は淡路島で「あわじアートサーカス」を観よう!というくらいに、大きくなってほしいですネ!
島外の方も、来年の秋はぜひ淡路島にお越しください!

これまでの局長メッセージ

 令和元年度

令和元年9月  令和元年10月

お問い合わせ

部署名:淡路県民局 総務企画室

電話:0799-26-2008

FAX:0799-23-1250

Eメール:awajisom@pref.hyogo.lg.jp