ホーム > まちづくり・環境 > 都市計画・整備 > 景観形成 > (淡路地域)淡路島景観づくり運動の推進 > (淡路地域)平成27年度 景観緑花市民講座の開催記録

ここから本文です。

更新日:2019年1月22日

(淡路地域)平成27年度 景観緑花市民講座の開催記録

テーマ・講師等

日時

場所

第1回

『農村景観といきものを楽しむ「さとあるき」』

兵庫県立大学大学院 准教授 澤田 佳宏 氏

兵庫県立大学大学院 2回生 奥井 かおり

第1回 案内チラシ(PDF:3,111KB)

平成27年

11月7日(土曜日)

10時00分から12時30分まで

兵庫県立淡路淡路景観園芸学校 視聴覚室

及び

同校周辺の里山・農村

第2回

『淡路島の歴史的な町並みを学ぶ洲本編 -淡路島の景観-地域・文化・産業』

環境意匠計画・奥井研究室

主宰 奥井 正造 氏

第2回 案内チラシ(PDF:3,846KB)

平成27年

11月28日(土曜日)

10時00分から12時30分まで

兵庫県洲本総合庁舎

淡路県民局 中会議室

及び

洲本市街地

第3回

『緑地環境のユニバーサルデザイン』

兵庫県立大学大学院

教授 美濃 伸之 氏

第3回 案内チラシ(PDF:4,079KB)

平成27年

12月5日(土曜日)

10時00分から11時30分まで

兵庫県立淡路淡路景観園芸学校 視聴覚室

及び

同校内のガーデン

 

第1回 農村景観といきものを楽しむ「さとあるき」

H27第1回景観緑花市民講座案内チラシ

第1回

淡路島の農村景観は、農地・ため池・雑木林・住居などがパッチワークのようにワークのように組み合わさって成り立っています。

淡路島北部の里を歩きながら、農村の景観を構成する要素と、そこに住む大切な生き物たちをみて歩きました。

また、講義では、淡路島の懐かしい木の実文化を県立大学大学院生が紹介してもらいました。

  • 日時:平成27年11月7日(土曜日)10時00分から12時30分まで
  • 場所:兵庫県立淡路景観園芸学校視聴覚室及び同校周辺の里山・農村
  • 講師:兵庫県立大学大学院 准教授 澤田 佳宏 氏、2回生 奥井 かおり 氏
  • 第1回 案内チラシ(PDF:3,111KB)

第2回 淡路島の歴史的な町並みを学ぶ(洲本編)-淡路島の景観-地域・文化・産業

H27第2回景観緑花市民講座案内チラシ

第2回

淡路島の景観は、弥生、古墳時代から、長い歴史の流れのなかで、自然と呼吸を合わせ形成されてきました。町並みや建築は、地場を意識し、産業機能をも考慮し、景観を整えてきました。

洲本市は、江戸時代の城下町に、明治からの鐘紡の企業城下町が重なり、現代の町並みと共に、歴史が折り重なる景観を形成しています。

この洲本市を歩き、変化する景観と、持続する景観の狭間にある現状を見ながら、今後に繋がる素晴らしい洲本市の景観を皆様と一緒に考えました。

  • 日時:平成27年11月28日(土曜日)10時00分から12時30分まで
  • 場所:兵庫県淡路県民局中会議室(洲本総合庁舎)及び洲本市街地
  • 講師:環境意匠計画・奥井研究室 主宰 奥井 正造 氏
  • 第2回 案内チラシ(PDF:3,846KB)

第3回 緑地環境のユニバーサルデザイン

H27第3回景観緑花市民講座案内チラシ

第3回

全ての人が健康で自由に過ごせる環境についての基礎知識を学び、車いすによる障害の擬似体験、触って、感じて、楽しむ散策体験などにより、ユニバーサル化に向けた課題などについて一緒にかんがえました。

  • 日時:平成27年12月5日(土曜日)10時00分から11時30分まで
  • 場所:兵庫県立淡路景観園芸学校視聴覚室及び同校内ガーデン
  • 講師:兵庫県立大学大学院 教授 美濃 伸之 氏
  • 第3回 案内チラシ(PDF:4,079KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:淡路県民局 洲本土木事務所

電話:0799-26-3248

FAX:0799-24-4513

Eメール:sumotodoboku@pref.hyogo.lg.jp