ホーム > イベントカレンダー > 特別展「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」 兵庫県立美術館

ここから本文です。

更新日:2020年3月19日

特別展「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」 兵庫県立美術館

mina1

概要

本展のみどころ

関西の美術館で初の「ミナ ペルホネン」展。過去最大規模でミナ ペルホネンと皆川明の創作に迫ります。同展東京会場では、14 万人以上が来場。
・会場構成に田根剛、グラフィック・デザインに葛西薫が参加。
・皆川明原案、建築家・中村好文設計による新たな「宿」のプロトタイプを展示。
・現代美術家・藤井光がミナ ペルホネンの世界を撮り下ろした映像作品が誕生。

開催趣旨

はじまり おわり すすみ もどる 心と象のつくるとつづく
beginning, ending, enhancing, returning, mind and shape, circle of creation goes on...

デザイナーの皆川明(1967-)が設立したブランド、ミナ ペルホネン。流行に左右されず、長年着用できる普遍的な価値を持つ「特別な日常服」をコンセプトとし、日本各地の生地産地と深い関係性を紡ぎながら、オリジナルの生地からプロダクトを生み出す独自のものづくりを続けてきました。
皆川がミナ ペルホネンの前身となる「ミナ」を立ち上げたのは1995 年。「せめて100 年つづくブランドに」という思いでファッションからスタートした活動は、その後、インテリアや食器など次第に生活全般へと広がり、現在ではデザインの領域を超えてホスピタリティを基盤にした分野へと拡張しています。そのたゆまぬ歩みは、2020 年に25 周年となります。
本展覧会の「つづく」というタイトルは、文字通りブランドの時間的な継続性を示すものですが、それだけでなく、つながる・連なる・手を組む・循環するなど、モノや人が連鎖し何かを生み出していく生成のエネルギーを想起させる言葉でもあります。
多義的な意味をもつ「つづく」をキーワードに、本展覧会では、生地や衣服、インテリア、食器等のプロダクトに加えて、デザインの原画、映像、印刷物、皆川明の挿絵など創作の背景を浮き彫りにする作品群や資料も併せて展示いたします。
ミナ ペルホネンと皆川明のものづくりとその思考をこれまでにない規模で紹介する本展覧会は、私たちの日常生活やその先にある社会の仕組みについて新たな視点と示唆をもたらすことでしょう。

展示構成:田根剛(Atelier Tsuyoshi Tane Architects)
展示構成補助:阿部真理子(aabbé)
グラフィック・デザイン:葛西薫(sun-ad)

関連事業

1. LECTURE
 皆川明 講演会
 6月27日(土曜) 14時00分-15時15分
 ミュージアムホールにて
 聴講無料、要観覧券、定員250名、事前申込制*
 友の会会員優先座席あり


2. CROSS TALK
 皆川明が各界で活躍するクリエイターとトークをします
 A 7月12日(日曜) 14時00分-15時15分 中村好文(建築家)
 B  8月8日(土曜) 14時00分-15時15分 ナガオカケンメイ(デザイン活動家) 
 いずれもミュージアムホールにて
 聴講無料、要観覧券、定員250名、事前申込制*

 友の会会員優先座席あり


3. TRIPARTITE TALK
 皆川明× 田中景子× 長江青 
 「ミナ ペルホネンをつくる」
 ミナ ペルホネンをともに作ってきた中心メンバーによる鼎談です
 7月18日(土曜) 14時00分-15時30分
 ミュージアムホールにて
 聴講無料、要観覧券、定員250名、事前申込制*

 友の会会員優先座席あり

4. KIDS' WORKSHOP
 こどものイベント
 「切り紙ワークショップ:自分だけの柄をつくろう」
 ミナ ペルホネンのテキスタイルデザイナー田中景子と一緒に自分だけの柄をつくります
 A 7月4日(土曜) 10時30分-12時00分
 B 7月4日(土曜) 13時30分-15時00分
 アトリエ2 にて
 対象:3歳から小学生まで(小学2年生以下は保護者同伴必要)
 要参加費(500円)、各回定員20名、事前申込制*


5.ミュージアム・ボランティアによる解説会
 会期中の毎週日曜日 11時00分-11時15分
 レクチャールームにて
 聴講無料、定員100名

この他にも会期中にイベントを開催いたします。詳しい情報、予約方法などは展覧会特設サイトをご確認ください。
mina-tsuzuku.jp

イベント1.~4.の申込方法
往復葉書の往診の文面に次の(1)~(5)までの必要事項を、返信葉書の宛名面に応募者の住所と氏名をご記入のうえ、投函してください。

(1)参加希望イベント名(2.、4.についてはAかBのどちらをご希望か忘れずにご記入ください)

(2)氏名(ふりがな)・年齢

(3)郵便番号・住所

(4)電話番号

(5)メールアドレス

1.~3.については葉書1 枚につき1 名お申込みが可能です。
4.については、ご兄弟でのお申込みも可能です。
保護者同伴の場合には保護者の方のお名前もご記入下さい。
※同一人による複数申込みは不可とします(2枚目以降は無効)
※締め切り:5 月31 日(日曜) 消印有効
※応募者多数の場合は抽選
※葉書記載のご本人以外のご参加はご遠慮ください。
※こすると消えるペンのご使用はご遠慮ください。
※記載不備の場合は抽選対象からはずれる場合があります。
※参加の可否は6月9日(火曜)以降に返信葉書で通知します。

申込先:〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1 兵庫県立美術館内「ミナ ペルホネン展 イベント受付係」宛

mina2

開催期間

  • 2020年6月27日(土曜日)~2020年8月16日(日曜日)

開催場所

会場名 兵庫県立美術館
会場住所 神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1(HAT神戸内)
会場へのアクセス

電車

  • 阪神岩屋駅(兵庫県立美術館前)から南へ徒歩約8分
  • JR神戸線灘駅南口から南へ徒歩約10分
  • 阪急神戸線王子公園駅西口から南西へ徒歩約20分

バス

  • JR三ノ宮駅から、阪神バス「HAT神戸行き」、神戸市バス「101系統」「29系統」にて約15分、「県立美術館前」
  • 下車すぐ。

  • 阪神高速3号神戸線「摩耶ランプ」から「摩耶ランプ南」交差点を西へ。「摩耶ランプ」から約5分。
  • 国道2号線から「岩屋中町4」交差点を南へ。
  • 地下有料駐車場・・乗用車80台
  • 団体バス待機所・・要事前予約
地図 地図

主催

兵庫県立美術館、朝日新聞社

お問い合わせ先

主催者名 兵庫県立美術館
住所 神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
電話 078-262-0901
FAX 078-262-0903

関連メニュー

開催情報
特別展 
ミナ ペルホネン/皆川明 つづく
minä perhonen / minagawa akira TSUZUKU 

会期:2020年6月27日[土曜]-8 月16日[日曜]
開館時間:午前10時-午後6時(金曜・土曜日は午後8時まで) ※入場は閉館の30分前まで
休館日: 月曜日(ただし8月10日[月曜・祝日]は開館、8月11日[火曜]は休館)
会場: 兵庫県立美術館 企画展示室(〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1)
主催: 兵庫県立美術館、朝日新聞社
協賛: 公益財団法人伊藤文化財団
特別協力:公益財団法人日本教育公務員弘済会 兵庫支部

観覧料金

区分 当日 団体(20名以上)/前売(2020年6月26日(金曜)まで販売)

一般 1,400円 1,200円

大学生 1,000円 800円

高校生 無料 無料

[その他割引適用料金]

区分 当日 団体(20名以上)

70歳以上1) 700円 600円

障がい者 一般 350円 300円

 大学生250円  200円

1)証明できるものの提示が必要です。

2)障がいのある方1名につき、介護の方1名は無料。

金額はいずれも消費税込金額です。 
※コレクション展は別途観覧料が必要(本展とあわせて観覧される場合は割引あり)。
※70 歳以上、障がいのある方は、会期中、館内券売所でのみ販売。
※主な販売場所:兵庫県立美術館ミュージアムショップ(前売のみ)、チケットぴあ(P コード:685-229)、イープラス、ローソンチケット(L コード:53250)、
 CN プレイガイド、阪神プレイガイド、セブンチケットほか京阪神のプレイガイドなどで販売。


お問い合わせ

部署名:兵庫県立美術館