ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 医療機関 > 県立病院看護師(正規職員)に関するQ&A

ここから本文です。

更新日:2018年7月27日

県立病院看護師(正規職員)に関するQ&A

このページでは、質問の多い事項についてお答えします。

看護師採用に関することは

待遇・福利厚生に関すること

看護師採用編

Q.希望した病院に配属されますか?

A.採用試験受験申込書や面接試験において、希望病院をお聞きします。
ご本人の希望を尊重して配属病院を決定しますが、各病院の欠員等の状況によっては第1希望の病院以外に配属されることがあります。毎年10月に勤務地や職務内容に関する希望を申告する制度がありますので、配属後にも転勤希望を申告することができます。

 

Q.採用後の配属部署はどうなりますか?

A.採用後の病院内での配属部署については、できるだけ本人の希望を尊重しつつ、新人看護師としての学習環境などを考慮して配属部署を決めていくことになります。

 

Q.助産師が配置されている病院はありますか?

A.助産師は産科病棟のある尼崎総合医療センター、西宮病院、淡路医療センター、柏原病院、こども病院において配置しています。

 

Q.将来、認定看護師・専門看護師の資格を取得したいのですが、どうすればいいですか?

A.認定看護師については、認定看護師養成派遣制度により、入学料、授業料等を公費で負担し、出張扱いで教育課程を受講することができます。専門看護師については、長期自主研修支援制度を利用して、身分を残したまま、休職扱いで大学院に進学することができます。その他資格取得に対する支援も行っておりますので「県立病院看護師(正規職員)の研修・キャリア開発支援」ページをご覧ください。

 

Q.離職率はどれくらいですか。

A.県立病院の離職率は約7%です。(兵庫県全体の離職率約13%(日本看護協会「2017年病院看護実態調査」))
県立病院では子育て支援制度の充実などが充実しており、離職せずに働いていただける環境を整えています。
詳細は「県立病院看護師(正規職員)の待遇・福利厚生」ページをご覧ください。

待遇・福利厚生編

Q.育児休業や育児短時間勤務制度についてどれくらいの人が利用していますか?

A.平成30年4月現在、約500名の看護師が育児に関する制度を利用しています。兵庫県立病院には制度を利用しやすい職場雰囲気があります。

 

Q.病院での勤務体制はどうですか?

A.3交代制と2交代制があります。勤務体制は希望制ですが、病棟により対応状況が異なります。県立病院における標準的なシフトは概ね次のとおりです。

3交代(1)日勤:8時30分から17時15分(2)準夜勤:16時から0時45分(3)深夜勤:0時15分から9時

2交代(1)日勤:8時30分から17時15分(2)夜勤:16時から翌9時30分(仮眠有)

 

Q.夜勤回数は何回ですか?

A.基本は月8回です。

 

Q.夜勤時の人数は何人ですか?

A.一般病棟では2~3名で勤務しています。なお、重症の患者さんの病棟では3名以上で勤務しています。

 

Q.夜勤はいつ頃から始まりますか?

A.それぞれの病院の状況に応じて夜勤を開始しますが、新卒の方の場合は入職3ヶ月(7月頃)を目安に夜勤を開始します。

 

Q.看護師宿舎について教えてください。

A.看護師宿舎は希望により入居できます。看護師宿舎の利点として、特に遠方から来られる方にとっては、ご両親の不安解消やホームシックの解消などがあります。また、他部署の同期や先輩とも仲良くなることができ、いろいろな悩みを相談できます。

なお、看護師宿舎に入らず、賃貸住宅に入居する場合は、家賃に応じて最大28,000円までの住居手当が支給されます。

 

Q.看護師宿舎の家賃はいくらですか?

A.病院によって異なりますが、概ね4,000円から10,000円程度です。

 

Q.ユニフォームの貸与はありますか?

A.ユニフォーム、シューズ、ストッキングなどが貸与されます。

関連メニュー

 

お問い合わせ

部署名:病院局 管理課

電話:078-362-3296

FAX:078-362-3322

Eメール:byouinkanrika@pref.hyogo.lg.jp