ホーム > まちづくり・環境 > 都市計画・整備 > 景観形成 > (西播磨地域)景観の形成等に関する条例による星空景観形成地域

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

(西播磨地域)景観の形成等に関する条例による星空景観形成地域

西播磨地域において、景観の形成等に関する条例により指定を受けている星空景観形成地域を紹介します。
具体的な星空景観形成照明基準及び指定を受けている区域については、関連資料をご確認ください。

佐用郡地域

県立西はりま天文台(出典:星空景観形成地域ガイドライン)

 近年、都市活動の活発化により、夜間照明が増加し、自然のままの星空を見ることができない地域が発生しています。

 星空は、自然景観の一部であり、誰もが光害に妨げられることなく自然のままの星空を見ることができるのは、自然景観が豊かに残されている地域では重要なことであり、この美しい星空が見える環境を創造、保全し、それを将来に引き継ぐことは、県民の責務です。

 特に、美しい星空景観によるまちづくりに取り組んでいる地域においては、行政も参画して、その美しい星空が見える環境の創造、保全に協力していく必要があります。

 

 佐用郡佐用町では、星や月、ホタルなど自然界に夜間現れる自然のひそやかな光を大切にしながら、豊かで美しい自然環境と調和したまちづくりを進めています。

 また、大撫山には県立西はりま天文台公園が位置することもあり、住民と行政が一体となった美しい星空景観の形成への取組みが見られます。

(平成17年1月1日指定)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:中播磨県民センター 姫路土木事務所

電話:079-281-9441

FAX:079-281-4948

Eメール:himejidoboku@pref.hyogo.lg.jp