ホーム > 2019年12月記者発表資料 > 県道和久今宿線の「自転車通行空間」供用開始について~姫路市自転車ネットワーク整備~

ここから本文です。

県道和久今宿線の「自転車通行空間」供用開始について~姫路市自転車ネットワーク整備~

2019年12月11日

担当部署名/中播磨県民センター姫路土木事務所道路第2課  直通電話/079-281-9503

県道和久今宿線は、JR山陽本線(姫路駅-網干駅間)に近接し並行する道路で、平日は通勤・通学のため、休祝日は手柄山中央公園の遊園施設や県立武道館などのスポーツ施設への移動を目的とする自転車が多い路線です。そのため、県では自転車利用の安全・快適化を図るため、歩道リニューアル等にあわせて自転車通行空間を整備し、12月18日(水曜日)に820mの供用を開始します。
これにより、過年度(H25~H26)に整備した宮田交差点~北河原交差点間を含めると約4kmの自転車通行空間が完了することになります。

【事業概要(今回供用区間)】
(1)区間:姫路市広畑区北河原(北河原交差点)~飾磨区鎌倉町
(2)延長:約0.8km(全体計画L=4.3km)
(3)事業費:約130百万円 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。