ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 中播磨県民センター > 「思わず行きたくなる中はりま」宿泊補助事業のご案内

ここから本文です。

更新日:2020年4月10日

「思わず行きたくなる中はりま」宿泊補助事業のご案内

中播磨地域(姫路市・市川町・福崎町・神河町)での宿泊を伴う来訪者の増加、中播磨観光施設の周遊及び滞在時間の延長を促すため、中播磨モニターツアーコース(平成30年度実施)(PDF:3,562KB)をはじめ中播磨を巡り、中播磨で宿泊を行うツアーを催行した旅行事業者に対して補助を行います。

補助内容

補助対象者

旅行業の登録を受けており、事業の趣旨に賛同してツアーを企画する旅行会社であること。

補助の条件

  • 中播磨での宿泊を伴うツアーであること。(宿泊施設は中播磨地域内において旅館業法の許可を受けて「旅館・ホテル営業」を行っている施設であること)
  • 中播磨の対象施設(別紙)(PDF:419KB)または昼食場所を2か所以上含むこと。(姫路市、神崎郡より各1か所ずつ)※神崎郡で宿泊の場合は対象施設の訪問は不要。
  • 旅行出発日から起算して1か月前までに申請すること。
  • 団体旅行の宿泊者全員が対象施設を訪問すること。
  • 旅程表に『兵庫県中播磨県民センター「思わず行きたくなる中はりま」誘客促進事業』である事を明記すること。

兵庫県の他の宿泊補助等を受けた旅行、宗教活動・政治活動の一環の旅行は対象外です。

補助期間

 

  • 受付期間:令和2年2月21日~令和3年2月26日

令和2年度「思わず行きたくなる中はりま」宿泊補助事業は、令和2年3月下旬頃の令和2年度予算の成立を前提とします。予算が成立しない場合は対象期間内であっても対象外となります。

ただし、予算額に達した時点で申込受付を終了いたします。

  • 補助対象宿泊日:令和2年4月1日~令和3年3月30日

補助金額

ツアー参加者1人あたり2,000円(1営業所あたり上限400,000円)

申請について

申請の流れについては、申請の手引き(PDF:334KB)をご覧下さい。

申請時

変更申請時(補助金額が変更になる場合)

旅行開始日の前日(土日除く)までに、確定した人数で申請してください。変更がなければ提出は不要です。変更申請後、実績人数が増減した場合は、再度申請下さい。

事業を中止する場合

中止決定日から1週間以内に申請してください。

実績報告時

事業終了後1ヶ月以内に提出してください。

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:中播磨県民センター 県民交流室 産業観光課(銀の馬車道担当)

電話:079-281-9059

FAX:079-222-8573

Eメール:nkharikem@pref.hyogo.lg.jp