ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 中播磨県民センター > センター長メッセージ(1月)

ここから本文です。

更新日:2020年2月6日

センター長メッセージ(1月)

阪神・淡路大震災25年を迎えます

新年あけましておめでとうございます。
皆さん健やかに新年をお迎えのことと思います。
中播磨県民センターでは、今年も管内市町や関係機関の皆さまと連携して、「元気な中播磨」をめざして取り組みますので、ご支援・ご協力をよろしくお願いします。

1月17日(金曜日)には、阪神・淡路大震災25年を迎えます。
節目の年を迎えるにあたり、震災の日の出来事を風化させないように震災の経験と教訓を広く社会に発信するため、県内各所で記念事業が開催されます。
姫路駅前広場では、姫路市NPO法人ネットワーク会議の皆さまが、“ひょうご安全の日のつどい in 姫路2020”と題し、イベントを開催されます。
会場では、神戸で開催される「1.17のつどい-阪神・淡路大震災25年追悼式典-」のライブ中継や、目で見てわかる家庭内備蓄品の展示や防災アプリの使い方を知るコーナー、防災グッズの作成体験コーナーで、いざという時に役立つ情報が提供されます。
そして、18日(土曜日)は、阪神・淡路大震災25年記念事業として「“ひょうご安全の日”中播磨のつどい」を神河町で開催します。
第1部では、神戸地方気象台の太田貴郎・防災管理官による「防災気象情報を有効活用しよう」を。
第2部では、朝来市の足立稔・危機管理監による「地域防災力の向上~地区防災計画の策定に向けて~」をテーマに講演していただきます。
一般の方にも参加していただけますので、ぜひこの機会に、今一度、防災について考えてみませんか。

ひょうご安全の日のつどいin姫路2020 中播磨地域防災講習会

さて、次はカキの話題です。寒さも深まり、カキのおいしい季節の到来です!
18日(土曜日)、19日(日曜日)に妻鹿漁港で開催される“かきフェア2020”を皮切りに中播磨、西播磨の各所でかき祭りが行われます。
妻鹿漁港では、無料のカキ汁が振舞われ、カキ焼きそばやカキ食べ放題のバーベキューなどカキ好きには、うれしい内容です。
翌週の26日(日曜日)には、“室津かき祭り”がたつの市の綾部山梅林入口の駐車場で開催されます。
当日は、「たつの市梅と潮の香マラソン大会」も同時開催され、毎年多くの人で賑わっています。
さらに、次の週の2月2日(日曜日)には、“網干かき祭り”がエコパークあぼしで開催されます。
新鮮な殻付きカキはもちろん、地元の農産物や特選品も多く販売されます。
山陽網干駅からは、無料シャトルバスも運行しています。

全国有数の生産規模を誇る播磨灘の大粒でプリプリ、うま味たっぷりのカキを味わいに是非お出かけください。

かき(ざる盛り)かき(販売風景)

 

お問い合わせ

部署名:中播磨県民センター 県民交流室 総務防災課

電話:079-281-9051

FAX:079-285-1102

Eメール:nkharikem@pref.hyogo.lg.jp