ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 中播磨県民センター > センター長メッセージ(3月)

ここから本文です。

更新日:2020年3月31日

センター長メッセージ(3月)

新型コロナウイルスが猛威を振るっています。兵庫県内でも、3月1日に新型コロナウイルス感染症患者の発生が確認されました。
県民のみなさんには、国、県や市町が発信する情報をもとに落ち着いて行動していただくとともに、手洗いや咳エチケットを徹底し、発熱等の風邪症状がみられる場合は外出を控えてください。
新型コロナウイルスの感染を疑う場合は、医療機関を受診する前に、帰国者・接触者相談センター(※1)へ相談していただくようお願いします。
また、新型コロナウイルス感染症について、ご不明なことがございましたら、24時間体制で受け付けるコールセンター(※2)にお問い合わせください。
※1 帰国者・接触者相談センター(中播磨管内) 令和2年3月4日現在
姫路市  姫路市保健所 079-289-0055(専用ダイヤル)
(平日8時35分~19時、土日祝8時35分~17時20分)
神崎郡 中播磨健康福祉事務所 0790-22-1234

(平日9時~17時30分)
※休日及び夜間17時30分~翌9時は兵庫県のコールセンター078-362-9980

※2 兵庫県コールセンター078-362-9980(専用ダイヤル)
(24時間受付)

【兵庫県からの新型コロナウイルスについてのお知らせ】
https://web.pref.hyogo.lg.jp/kk03/200129.html

地域再生大作戦

さて、みなさんは「地域再生大作戦」をご存知でしょうか。
過疎化や高齢化等の進展により、多自然地域を中心に地域の元気が失われつつあります。
県は、こうした地域の再生を総合的に支援するため、地域再生大作戦を実施しています。
地域再生大作戦として、地域のにぎわいやコミュニティの再生、活性化に今年度から新しく取り組まれている活動団体を紹介します。

1団体目は、山田地区連合自治会(姫路市山田地区)。
地域の方が参加できるウォーキングイベントやスイカなどの特産品の試食・販売を行っています。
また、遺跡や古墳などを活用したイベントを通じて子どもたちへのふるさと教育を展開しています。
スイカ販売

続いて、笠形地域づくり協議会(市川町上牛尾地区)。
笠形が育んだ豊かな大地と気候を生かし、有機農法で栽培した野菜を「笠形やさい」として、ブランド化しています。
地域の給食センターへの食材提供や認定こども園の園児による収穫体験を実施するとともに、地域住民以外の周知にも取り組んでいます。
野菜笠形

最後に、鶴居地域活性化協議会(市川町鶴居地区)。
かつて、とてもおいしいと評判のさつまいもが、後継者不足からいつの間にか幻の存在になってしまいました。
このさつまいもを地域でもう一度復活させ、同協議会が運営する「つるい元気農園」で収穫したさつまいもを「鶴imo」と命名。
子ども達に収穫を体験させることで食育にも貢献しています。
そして、加工や「鶴imo」を使ったメニューを開発し、カフェの運営など地域の人々が活動する場所を提供しています。
さつまいも試作

このように地域のみなさんが活動することにより、地域が明るく、人がいきいきと元気に、誇りをもって暮らしていくことを願います。

これまでのセンター長メッセージ

令和2年2月

令和2年1月

令和元年12月

令和元年11月

令和元年10月

令和元年9月

令和元年8月

令和元年7月

令和元年6月

令和元年5月

平成31年4月

平成30年度

 

お問い合わせ

部署名:中播磨県民センター 県民交流室 総務防災課

電話:079-281-9051

FAX:079-285-1102

Eメール:nkharikem@pref.hyogo.lg.jp