ホーム > 2021年7月記者発表資料 > 白鷺鱧(しらさぎはも)祭りの開催について

ここから本文です。

白鷺鱧(しらさぎはも)祭りの開催について

2021年7月26日

担当部署名/中播磨県民センター姫路農林水産振興事務所・県民交流室  直通電話/079-281-9294

  1. 第5回白鷺鱧祭りの開催
    日時 令和3年8月1日(日曜日)9時00分~15時00分
    場所 妻鹿漁港(坊勢漁協直売店「姫路まえどれ市場」)
    主催者 坊勢漁業協同組合 Tel079-326-0231 (担当:竹中総務部長)
    内容
    1)底曳き網漁業見学ツアー 定員30名、大人3,000円、子供1,500円
    2)白鷺鱧の天ぷらプレゼント
    3)ガラガラ抽選会、魚とのふれあいコーナー 他
    4)JR姫路駅南口から臨時無料シャトルバスを運行
    ※新型コロナウイルス感染症対策のため、来場者には消毒や検温等をお願いする予定です。
  2. 白鷺鱧(しらさぎはも)について
    1)京都の祇園祭や大阪の天神祭に欠かせない魚として有名な「ハモ」は、紀伊水道や大阪湾の南部海域が主漁場で、淡路地区などで主に漁獲されてきました。
    2)近年、播磨灘にも漁場ができ、家島地区の漁獲は淡路地区を上回るほど増加し、京都市場でもシェアを伸ばしています。(H15時40分t→H25(ピーク):470t)
    3)家島地区では、小型底びき網漁業で漁獲され、漁期は5月後半から11月頃まで。夏の魚のイメージが強い魚ですが、脂の乗った秋の「ハモ」も知る人ぞ知る逸品です。
    4)県民センターでは、漁協や市内の料理店の皆さんとともに、姫路を代表する魚の一つに育つよう「白鷺鱧」と名付けたブランド化を進めています。
    ア 「白鷺鱧」は、販売者である坊勢漁協自らが活け〆・血抜き処理する、他地区にない鮮度管理を実施しており、白鷺城にも負けない真っ白な身が特徴です。
    イ ハモの調理には骨切りという高度な技術が必要になりますが、坊勢漁協が独自に骨切り機械を導入、水揚げ直後に活け締めしたハモを骨切り処理して瞬間凍結し、家庭でも手軽に美味しく利用できる商品を開発しました(五つ星ひょうご選定品※)。姫路まえどれ市場でお買い求め頂けます。

※「五つ星ひょうご」とは
ひょうご五国(摂津、播磨、但馬、丹波、淡路)の豊かな自然や歴史・文化を活かし、“地域らしさ”と“新しさ”とを兼ね備えた商品を、県が「五つ星ひょうご」として選定し、全国に発信しているものです。