ホーム > 2019年5月記者発表資料 > 「豊かなむらを災害から守る月間」運動の実施

ここから本文です。

「豊かなむらを災害から守る月間」運動の実施

2019年5月28日

担当部署名/中播磨県民センター姫路農林水産振興事務所姫路土地改良センター農村整備課  直通電話/079-281-9392

  1. 目的
    兵庫県では、6月1日から6月30日までの1ヶ月間を「豊かなむらを災害から守る月間」と定め、梅雨や台風に備えて、農山村地域の重点整備ため池・地すべり防止区域・山地災害危険地区等の点検を行うことで、災害を未然に防止する運動を進めます。
    さらに、この月間を通じてため池における水難事故防止運動を実施し、子供たちの安全を守ります。
  2. 主催
    兵庫県・全市町(協賛:兵庫県土地改良事業団体連合会、(一社)兵庫県治山林道協会、兵庫県ため池等整備事業促進協議会)
  3. 期間
    6月1日~6月30日
  4. 内容
    (1)パトロールの実施
    県、市町、警察、消防、地域団体等によるパトロール班を編成して、危険地の点検・確認と防災指導等を行います。
    1.中播磨県民センター防災パトロール
     日時:令和元年6月10日(月曜日)9時20分~15時40分 (詳細別紙)
     場所:姫路市2箇所、市川町2箇所、神河町2箇所
     パトロール者:県民センター長ほか
    2.山地災害危険地区と治山施設パトロール(随時)
     パトロール者:姫路農林水産振興事務所、姫路市、神河町、市川町、福崎町、山地災害情報協力員
    3.重点整備ため池防災パトロール(随時)
     パトロール者:姫路土地改良センター、姫路市、市川町、福崎町、警察、消防、地元関係者
    4.各市町防災パトロール(随時)
    (2)広報活動
    1.広報車による巡回放送
    2.県、市町庁舎及び公民館等にポスターを掲示し月間運動中のPR

参考
1.山地災害情報協力員:山地防災に関して一定の専門知識を有し、山地災害に関する情報収集活動に参加する者で、兵庫県農政環境部長が認定した者
2.重点整備ため池:老朽度、耐震性及び下流への影響度等を勘案して優先的に整備するため池

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。