ホーム > 食・農林水産 > 森林大学校 > 研修課などからのお知らせ > 令和3年度「林業災害防止研修」

ここから本文です。

更新日:2021年6月17日

令和3年度「林業災害防止研修」

9月までの研修は受付終了。残る10月の研修の申込み受け付けています。

 

林業現場における労働災害の死亡事故件数は年間40人前後で推移しており、とりわけチェーンソー伐倒作業は死亡災害の約6割を占めています。

そこで、林業の安全対策推進の一環として、伐倒練習機や風倒木伐採訓練装置といった最新機器を活用し、客観的な評価手法を用いた林業災害防止研修を開催します。

自身のチェーンソー操作技能を数値として客観的に把握することで、技能の改善を図り、安全・確実な伐倒作業につなげていただくことがねらいです。

 

主な研修内容

講師

座学

  • 近年の林業労働災害とその対策
  • 「チェーンソーの操作技能基本トレーニングテキスト」の解説

現地実習

  • 伐倒練習機を用いた傾斜地伐倒訓練
  • 風倒木伐採訓練装置を用いた訓練

愛林興業(株)

松田 俊也氏

 

開催日:6月25日(金曜日)、7月27日(火曜日)、8月31日(火曜日)、9月28日(火曜日)、10月20日(水曜日)(計5回開催)

時間:各回13時30分~16時30分

受講料:1日あたり500円

場所:川戸演習場(宍粟市山﨑町川戸1285-3)

対象者:チェーンソー作業従事者

開催案内チラシ(PDF:469KB);参加申込書(ワード:616KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:県立森林大学校   研修課

電話:0790-65-9916

内線:15

FAX:0790-72-2701

Eメール:c_shinrin@pref.hyogo.lg.jp