ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 東播磨県民局 > 令和元年12月(1日~15日)

ここから本文です。

更新日:2019年12月25日

令和元年12月(1日~15日) 

東播磨県民局Twitterでも局長メッセージがご覧いただけます。
東播磨県民局Twitter(外部サイトへリンク)

鶴林寺に宇宙が舞い降りてくる(12月15日)

「らくがく倶楽部」が、鶴林寺で明石市立天文科学館とコラボイベントを開催。驚くコラボに約250人の参加者。本堂でのプラネタリウムでは部屋全体に星空が広がり、挙げた手には星が映る。星空をテーマにバイオリンの生演奏。不思議で幻想的な空間に感動。

 

1215_1

1215_2

こころ豊かな美しい東播磨をめざす実践推進大会(12月14日)

小中学生の「水辺を美しくする運動啓発ポスターコンクール」と、明るく住みよい地域づくりに貢献された方々への兵庫県自治賞、こうのとり賞、くすのき賞の表彰。そして、シンガーソングライターで防災士の石田裕之さんが、「花は咲く」など7曲の音楽を交え防災講演。子供から大人まで、災害に備える心構えと、地域のつながりの大切さを楽しく学ぶ。「まさか」とならないように。

 

1214_1

1214_2

ため池資源と東播磨の未来を考えるフォーラム(12月6日)

10年先の地域づくりを考えるフォーラムを開催。農家、学生、研究者、企業等100人が参加。企業や大学、NPOからため池や里山等の地域資源を活用した5つの持続可能な地域づくりプロジェクトが提案。ため池でホップを作ってビールを飲む提案も。交流会では作ったホップのビールを飲みながら今後の展開を討論。ワクワクする起業の可能性を予感。

1206_1

1206_2

コウノトリが東播磨を舞う(12月3日)

加古川市志方の二子池で14羽のコウノトリが一度に目撃。高砂市阿弥陀の人工巣塔には2羽が滞在中。毎日「コウノトリ見たよ」の電話やメール。今年は、既に16羽が飛来し、最長で2ヶ月以上東播磨に滞在。空を見上げて下さい。頭上に舞っているかも。「WANTEDコウノトリ」に応募すると特製ピンバッジがもらえます。

WANTEDコウノトリ

1203_1

1203_2

 

これまでの局長メッセージ

令和元年11月 1日から15日 16日から30日

令和元年10月 1日から15日 16日から31日  

令和元年9月  1日から15日 16日から30日

令和元年8月  1日から15日 16日から31日

令和元年7月  1日から15日 16日から31日

令和元年6月  1日から15日 16日から30日

令和元年5月  1日から15日 16日から31日

平成31年4月 1日から15日 16日から30日

 

お問い合わせ

部署名:東播磨県民局 総務企画室

電話:079-421-9603

FAX:079-424-6616

Eメール:hharimasom@pref.hyogo.lg.jp