ホーム > 2019年5月記者発表資料 > 地元に古くから伝わる神事「原大池樋抜きの儀」

ここから本文です。

地元に古くから伝わる神事「原大池樋抜きの儀」

2019年5月27日

担当部署名/東播磨県民局地域振興室県民課  直通電話/079-421-9063

東播磨地域を象徴する「ため池群と水路網」を地域の財産として、“守り、活かし、次代に継承する”ため、多様な主体の参画と協働のもと、地域全体を“まるごと博物館”とする「いなみ野ため池ミュージアム」を平成14年度より展開しています。
この度、その一環として、加古川市志方西地区の5集落の貴重な農業用ため池である「原大池」において、集落に水を分水する行事“樋抜きの儀”が下記により執り行われます。 

1実施日:令和元年5月30日(木曜日)10時00分から10時30分
2実施場所:原大池(加古川市志方町原)
3主催:加古川市横大路、原、成井、氷室、西牧の5集落
4内容:自治会や水利組合の代表者らが集まり、五穀豊穣と水利の安寧をお祈りします。拝礼と振る舞いが終わった後、大池の樋抜き(取水バルブを開ける)が行われ、分水工を経由した水が轟音と共に水路に流れだします。
5問合せ:東播磨県民局地域振興室県民課水辺地域づくり担当
     TEL079-421-9026、FAX079-424-9977

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。