ホーム > 2018年9月記者発表資料 > 平成30年度東播磨地域”ストップ・ザ・交通事故”県民運動推進協議会「交通危険箇所等における街頭啓発リレーキャンペーン(秋)」の実施について

ここから本文です。

平成30年度東播磨地域”ストップ・ザ・交通事故”県民運動推進協議会「交通危険箇所等における街頭啓発リレーキャンペーン(秋)」の実施について

2018年9月11日

担当部署名/東播磨県民局地域振興室  直通電話/079-421-9093

春・夏・秋・年末の交通安全運動期間ごとに重点モデル地域(春:高砂市、夏:加古川警察署管内、秋:明石市)を定め、交通危険箇所(交差点)を中心に"ストップ・ザ・交通事故"県民運動推進協議会が「街頭啓発リレーキャンペーン」を実施します。キャンペーン期間は平成30年9月21日(金曜日)から9月30日(日曜日)までの10日間です。交差点等において「のぼり旗」「横断幕」を使って立番をし、啓発グッズや啓発チラシを配布することで、通行者や、車・自転車の運転者に対して交通安全の意識付けを行います。このキャンペーンでは、子供と高齢者の交通事故情勢に的確に対処するため、「子供と高齢者の交通事故防止」運動を重点に啓発を行います。詳細は記者発表資料をご覧ください。

実施日時:9月21日(金曜日)13時30分
実施場所:JR明石駅前交差点(国道2号)
     (三菱UFJ銀行前)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。