閉じる

ここから本文です。

更新日:2019年6月11日

請願 第18号

平成28年3月1日配付

健康福祉常任委員会付託

精神障害者に対する交通運賃割引制度の適用を求める意見書提出の件

  1. 受理番号 第18号
  2. 受理年月日 平成28年2月23日
  3. 紹介議員 北川 泰寿 岸本 かずなお 黒田 一美 中野 郁吾 ねりき 恵子 丸尾 牧 大前 はるよ 樫野 孝人
  4. 請願の要旨
    憲法第14条は「法の下の平等」をうたい、国連の障害者権利条約第4条は「この条約と両立しないいかなる行為又は慣行も控えること」と明記している。
    障害者基本法が改正され、精神障害者も「障害者」と規定された。障害者差別解消法は「差別の解消」を宣言している。
    このような状況の中、身体・知的障害者に適用されているJR、バス、タクシーなどの交通運賃割引制度から精神障害者は除外されている。
    よって、下記事項を内容とする意見書を国に提出するよう要望する。

  1. 精神障害者も身体・知的障害者と同等にJRなど交通運賃割引制度の適用対象とすること。

お問い合わせ

部署名:兵庫県議会事務局 議事課

電話:078-362-9403

FAX:078-362-9031

Eメール:Gikaigijika@pref.hyogo.lg.jp