ホーム > 2021年2月記者発表資料 > 開館15 周年記念特別展 「No Man’s Land-陶芸の未来、未(ま)だ見ぬ地平の先-」の開催

ここから本文です。

開館15 周年記念特別展 「No Man’s Land-陶芸の未来、未(ま)だ見ぬ地平の先-」の開催

2021年2月22日

担当部署名/企画県民部知事公室芸術文化課 外郭団体名等/兵庫陶芸美術館  直通電話/079-597-3961

1 展覧会の概要
 伝統的な陶芸の素材や技法を駆使しながら、独創的な作風で現代性を追求し、工芸のみならず、現代美術、デザイン、建築などの幅広いジャンルからも注目を集める1970 年~1980 年代生まれの15名の作家の作品を通して、「陶芸の未来」を再考します。
 ここで紹介する作品は、何らかのかたちで、鑑賞者に「陶芸」についての示唆を与えるものであり、必ずしも素材を「陶」に限定するものではありません。様々なタイプの作品が同空間に交差することによって、静かに浮かび上がってくるイメージとメッセージから、新しい未来の陶芸表現を牽引していくエネルギーをぜひご体感下さい。

2 展覧会のポイント
① 先鋭的な現代陶芸の魅力を発信してきた当館の開館15 周年記念特別展として、日本の陶芸の未来を革新していく新しい創造の息吹を感じてもらう機会とします。
② 伝統的な陶芸の素材や技法を用いながら、独創的な作風で現代性を追求し、工芸・現代美術・デザイン・建築などの幅広い分野から注目を集める30~40 代の若手実力作家の作品が一堂に会します。
③ 様々なタイプの作品が同じ空間に交差(クロッシング)することによって生まれる、イメージのギャップや共鳴を体感できるような空間を演出します。

3 会 期
 2021 年3 月20 日(土・祝)~5 月30 日(日曜日)

4 開館時間
 10時00分~18時00分(ただし、4 月29 日~5 月5 日は10時00分~19時00分)
※いずれも入館は閉館時間の30 分前まで

5 休館日
 月曜日(ただし5 月3 日(月・祝)は開館、5 月6 日(木曜日)は休館)

6 観覧料
 一般1,000 円(800 円)、大学生800 円(600 円)、高校生以下無料
・( )内は前売りおよび20 名以上の団体料金です。
・70 歳以上は半額になります。
・障害のある方は75%割引、その介助者の1 名は無料になります。
・17時00分 以降に観覧される場合は夜間割引(一般500円、大学生400円)

7 主 催
 兵庫陶芸美術館、朝日新聞社

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。