ホーム > 2021年3月記者発表資料 > 業務受託事業者サーバーのコンピューターウイルス感染に関して

ここから本文です。

業務受託事業者サーバーのコンピューターウイルス感染に関して

2021年3月22日

担当部署名/県土整備部住宅建築局住宅政策課住宅政策班  直通電話/078-362-3595

 兵庫県から兵庫県住宅供給公社(以下「公社」という。)を通じて業務委託した受託事業者(ランドブレイン株式会社神戸事務所)の東京本社サーバーが不正アクセスによりコンピューターウイルスに感染し、個人情報流出の可能性があることが判明しました。判明後、すぐにサーバーのネットワークを遮断しており、現在のところ個人情報流出は確認されておりません。情報流出の有無及び範囲については調査中ですが、対象者への連絡文書の配布が終わりましたので、これまで把握できた事態の経緯と対応につきまして、下記のとおりお知らせします。

1 委託業務
・業務名
 明舞団地分譲マンション再生支援モデル業務委託
・受託事業者
 兵庫県神戸市中央区山本通5-3-15
 ランドブレイン株式会社神戸事務所

2 経緯

令和3年2月23日

受託事業者のサーバーが不正アクセスによりコンピューターウイルス(ランサムウエア)に感染。

2月24日

受託事業者から本社サーバーがウイルス感染した旨の連絡あり。被害状況不明のため、状況報告を指示。

3月2日

受託事業者から情報流出の可能性がある旨の連絡あり。引き続き状況報告を指示。

3月17日

受託事業者から文書にて報告あり。情報流出の有無及び範囲についての調査・解析結果報告は、少なくとも今月末まで時間がかかる予定。


3 流出の可能性のある個人情報
 住民アンケート調査回答票(回収数176戸分)に含まれる回答者の居住する団地名、部屋番号、購入時期、年齢、家族構成、収入の種別(年金、給与又は自営)、住戸の使用形態(自己居住、賃貸又は空室)


4 現在の対応状況
(1) 3月19日に各管理組合理事長に口頭で説明の上、3月19日から22日にかけて対象者に対し、今回の事故の経緯や注意喚起、問合せ窓口を記載したお詫び文を配付。引き続き、対象者からの問合せに対し、真摯に対応していく。
(2) 受託事業者に対し、原因の究明及びセキュリティの強化を指示し、再発防止に努めるよう指導している。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。