ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 知事のページ > 寄稿・コメント・メッセージ > 保育所等の定員・申込者の状況等の公表に関する知事コメント(平成29年5月22日)

ここから本文です。

知事のページ

更新日:2017年5月22日

保育所等の定員・申込者の状況等の公表に関する知事コメント(平成29年5月22日)

兵庫県では、平成19年度からの10年間で、約2万人の定員拡大を進めてきました。

平成28年度にも、企業主導型保育事業の531人を含め、保育所等の定員を4,807人拡大し、約10万2千人分の保育所等の定員を確保できました。

一方、女性の就労意識の高まりなどで、利用申込者も昨年から5,127人増加しており、この結果、4月1日時点の待機児童数は昨年から522人増加し、1,572人となりました。

待機児童数が増加した主な要因としては、明石市など、保育所等整備を進めた地域で、周辺住民からの申込みが一層増加したこと、神戸市などで、宅地開発等で住民が流入し、特定地域での保育需要が急増したこと、西宮市などで、定員拡大計画の目標を達成できず、申込の増加に対応しきれなかったことが挙げられます。

待機児童は増加していますが、女性の社会参加が一層進んだ結果と言えます。

今後とも、女性の社会進出を後押しするため、保育所等の定員拡大や保育人材確保に努めていきます。

 

平成29年5月22日

兵庫県知事井戸敏三

お問い合わせ

部署名:健康福祉部少子高齢局こども政策課

電話:078-362-4232

FAX:078-362-3011

Eメール:kodomoseisaku@pref.hyogo.lg.jp