ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 知事のページ > 知事のメッセージ(平成18年) > 震災11年を迎えての知事コメント(H18.1.17)

ここから本文です。

知事のページ

更新日:2006年1月17日

震災11年を迎えての知事コメント(平成18年1月17日)

コメント本文

6400余名の尊い命とかけがえのない多くのものを奪い去った阪神・淡路大震災から、本日で11年を迎えました。改めて被災者の皆様のこれまでの懸命の取り組みに敬意を表するとともに、支援をいただいた皆様に心から感謝申しあげます。
 
11年を迎えた今、被災地は震災を乗り越え、ようやく新たな兵庫をめざす新しいステージを迎えることができました。震災後の残された課題、高齢化が進む災害復興公営住宅などにおける高齢者の自立支援や、復興市街地整備事業の早期完成とまちのにぎわいづくりなどに引き続き取り組むとともに、今年を今後の安全安心な社会づくりに向けた新たな取り組みを進める「元気な兵庫づくり」のスタートの年にしなければなりません。
 
「1月17日は忘れない」。この日を「ひょうご安全の日」として阪神・淡路大震災の経験や教訓を語り継ぎ、風化させないよう県民をあげて取り組むと同時に、1月を「減災月間」として、近い将来発生が危惧される東南海・南海地震等に備えるためにも、実践的な防災訓練を地域ぐるみで行うなど、減災に向けた地域防災活動を実践していきます。
 
大震災の経験と教訓を忘れることなく、これまで培ってきたものを礎に、「元気な兵庫」を県民の皆様とともに実現していこうと決意しています。

お問い合わせ

部署名:企画県民部知事室広報課
電話:078-362-3020
FAX:078-362-3903
Eメール:kouhouka1@pref.hyogo.lg.jp