ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 知事のページ > 知事のメッセージ(平成19年) > 「ひょうご地域金融懇話会提言」に対する知事コメント(平成19年1月24日)

ここから本文です。

知事のページ

更新日:2007年1月24日

「ひょうご地域金融懇話会提言」に対する知事コメント(平成19年1月24日)

コメント本文

○ 本日、「ひょうご地域金融懇話会」(座長:佐竹 隆幸 兵庫県立大学経営学部教授)から、「ひょうご地域金融懇話会提言」をいただいた。委員各位には大変熱心な議論をいただき、心から感謝する。

○ 本県経済が景気回復への進展の動きを強める中において、金融機関の貸出行動にも積極的な動きが見えてきているが、一方、信用補完制度の見直しに伴う責任共有制度の導入及び政府系金融機関の再編が予定されているなど制度金融の大きな変革の時期を迎え、中小企業に対する影響も懸念されているところである。

○ 一方、兵庫県の特殊事情として阪神・淡路大震災から12年が経過し、県内総生産は震災前に回復しているものの、その間の他府県の成長を考慮するとなお10%程度の遅れがあり、他の地域よりも一層経済の再生加速と資金供給を図ることが必要である。

○ このような認識のもとで、兵庫経済の持続的な成長を実現するためには、「地域金融の充実」が不可欠であるとの認識のもと、あらためて地域金融の重要性を再認識し、解決すべき地域金融の課題を明確化し、兵庫県として取り組む課題に対して適切に対応して新たな金融施策を展開する。

○ また、会議では、「次期プログラムの策定方針」についても議論をいただいた。引き続き、本県経済の的確な実態把握に努めながら、産業活力の創出に向けた重点戦略について検討を進めていく。

お問い合わせ

部署名:企画県民部知事室広報課
電話:078-362-3020