ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 知事のページ > 知事エッセー > 県人会 (平成14年11月15日配信)

ここから本文です。

知事のページ

更新日:2006年9月1日

県人会 (平成14年11月15日配信)

11月上旬に東京兵庫県人会が開かれました。毎年、赤坂御苑の近くの明治記念館に、兵庫を故郷とする方々が旧交を温め故郷を語るために集まられるのです。今年は、300人ほどの東京で活躍中の方々が出席されました。関本会長はもとより、小林副会長、宮内副会長、そして会員は、兵庫県にゆかりのある方々です。神戸、阪神、播磨、但馬、丹波、淡路の出身地域ごとに、また、各出身校ごとに話に花が咲きます。

県人会は、会員にとっては、故郷兵庫の最近の事情を知ることができる機会であり、私達にとっては、兵庫の情報を東京で活躍中の方々に発信し、兵庫を理解してもらう絶好の情報交換の場となっています。また、人と人とのネットワークをつくる機会でもあります。県人会は、日頃、機関誌も発刊され、旅行会など会員相互の交流事業も開かれています。

当日は、くじ引き会も開かれました。私は、明珍火箸の風鈴をプレゼントしましたが、姫路出身の方に渡りました。やはり故郷が引きつけるのでしょうか。会員の心づくしが会を盛り上げてくれます。また、神戸からボランティア参加で駆けつけてくれた民謡グループがひょうご音頭など故郷の歌と踊りを披露されました。突然、私まで指名されて舞台に上げられたのにはびっくりしましたが、声を合わせて唱ったときの爽快感と一体感を味わいました。

これから忘年会のシーズンとなります。県人会を忘年会になぞらえたらお叱りを頂戴しますが、県人会は「忘れる」のではなく「思い出す」センチメンタルジャーニーの一つの型を提供しているのでしょう。

ある方から、九州や四国の各県の県人会の方がもっと華やかで元気があって良いと言われました。兵庫県も頑張りましょう。

お問い合わせ

部署名:企画県民部政策調整局広報戦略課

電話:078-362-3016

FAX:078-362-3903

Eメール:kouhouka1@pref.hyogo.lg.jp