ホーム > 2018年5月記者発表資料 > シンポジウム「認知症カフェの今、これから」の開催について

ここから本文です。

シンポジウム「認知症カフェの今、これから」の開催について

2018年5月8日

担当部署名/阪神北県民局宝塚健康福祉事務所(地域保健課)  直通電話/0797-72-0054

認知症は今や誰もが関わる可能性がある身近な病気です。認知症になっても、できるだけ住み慣れた場所で力を発揮して暮らしていけるような社会の実現のため、様々な取り組みが進んでいます。その取り組みの一つである「認知症カフェ」は、認知症の人やその家族、医療や介護の専門職、地域の人など、誰もが気軽に参加することができ、くつろいだ雰囲気の中で話ができる「集いの場」となっています。
「認知症カフェって、どんなところ?」、「カフェをしたい!」、「カフェをどうやって運営したらいいの?」・・・、認知症カフェについて勉強し、効果的な運営方法等を皆で一緒に考えることを目的として、シンポジウムを開催します。

  1. 開催日時 平成30年7月5日(木曜日)13時30分~16時00分 (受付 13時00分~)
  2. 開催場所 ソリオホール(宝塚市栄町2-1-1 ソリオ1、3階)
  3. 内 容
    (1)基調講演 「認知症カフェとともに暮らしやすいまちを創ろう!」藤田保健衛生大学医学部認知症・高齢診療科教授 武地 一氏
    (2)事例発表(認知症カフェ開設者、参加者、支援者 計5名)
    (3)意見交換 等
    ※ポスター展示(阪神北県民局管内の認知症カフェや、市町等認知症施策の紹介)

詳細は別添資料をご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。