ホーム > 地域・交流・観光 > 地域づくり・県民運動 > 阪神北県民局 > 平成21年度阪神北地域さわやかトーク

更新日:2012年3月9日

ここから本文です。

平成21年度阪神北地域さわやかトーク

「さわやかトーク」とは、知事が地域の実践活動グループの活動現場を訪問し、現地で自由な意見交換を行うもので、阪神北県民局管内では以下のとおり開催しました。

平成21年度第1回

H21.11さわやかトーク

集合写真

第1回
(1)実施団体:スマイル阪神クラブ、スマイルグループ、JA兵庫六甲・阪神営農総合センター、伊丹消費者協会、伊丹いずみ会、川西いずみ会、猪名川町いずみ会、子育て支援サークル「みるく」
(2)日時:平成21年11月7日(土曜日)14時00分~15時30分
(3)場所:スマイル阪神 2階会議室(伊丹市公設卸売市場内)
(4)グループ概要:
(スマイル阪神クラブ)
・平成20年7月設立。スマイル阪神へ農作物・加工品等を出荷。また、各種消費者交流イベントや研修会を開催している。

(スマイルグループ)
・平成21年6月設立。スマイル阪神、伊丹市農業祭他イベント等で、ジャム、ゆずみそ、つくだに、もち、惣菜等の製造、販売を行っている。阪神地域、摂津東播地域、兵庫県下全域の3つの生活研究グループに参加し、講座、研修販売を行っている。
 
(JA兵庫六甲・阪神営農総合センター)
・平成20年11月にオープンした生産者・消費者・卸売業者の都市型交流拠点。都市における貴重な緑の空間を維持し、地産地消としての安全安心で新鮮な農作物の供給に取り組んでいる。
 
(伊丹消費者協会)
・昭和43年、阪神間で最初に設立した消費者協会。「賢い消費者」「考える消費者」「豊かな消費者」「行動する消費者」この4本柱をもとに活動をし、地元野菜の青空市や料理講習会等を開催している。
 
(伊丹いずみ会)
・昭和49年4月設立。子ども料理教室や男性料理教室など、食育活動を行うほか、地産地消活動として伊丹の特産品である自然薯を使った料理講習会を実施。また、市の体験農園を利用して、農作物の栽培体験も行っている。
 
(川西いずみ会)
・昭和49年伊丹保健所管内いずみ会川西支部として発足。小学校や歯科医師会と連携を図った子どもの食育に特に力を入れている。また、地産地消活動として川西の特産品である「いちじく」を使った料理レシピを開発し、料理講習会を実施。また、川西市の生産者グループとの交流を持ち、意見交換を行っている。

 

(猪名川町いずみ会)

昭和49年伊丹保健所管内猪名川支部として活動。「給食ボランティア」への参加、「男の料理教室」、「高齢者会食会」、「子ども料理教室」の開催、「いながわまつり」、「健康まつり」への出展等、地域住民との交流を深めながら活動の幅を広げている。


(子育て支援サークル「みるく」)
・平成17年7月設立。川西市久代会館を拠点として、月2回0歳から1歳6ヶ月前後の親子を対象に、紙芝居、読みきかせ、食育・離乳食指導、親子体操、手遊び歌、個別育児相談などを通して、子育て支援に取り組んでいる。
 
(5)参加者:知事、スマイル阪神クラブ3名、スマイルグループ1名、JA兵庫六甲・阪神営農総合センター1名、伊丹消費者協会1名、伊丹いずみ会1名、川西いずみ会1名、猪名川町いずみ会1名、子育て支援サークル「みるく」2名、伊丹市長、武田県議会議員、岡県議会議員、加茂県議会議員、野間県議会議員、県民局長

お問い合わせ

部署名:阪神北県民局 総務企画室

電話:0797-83-3117

FAX:0797-86-4379

Eメール:hanshinksom@pref.hyogo.lg.jp

部署名:阪神北県民局総務企画室企画防災課
電話:0797-83-3117
FAX:0797-86-4379