ホーム > 地域・交流・観光 > 地域づくり・県民運動 > 阪神北県民局 > 平成18年度阪神北さわやかトーク

更新日:2012年3月9日

ここから本文です。

平成18年度阪神北さわやかトーク

平成18年度第1回

当日の参加者

阪神北さわやかトーク実施結果

 平成18年4月9日(日曜日)に「阪神北さわやかトーク」を実施しました。
 「さわやかトーク」とは、知事が地域の実践活動グループの活動現場を訪問し、現地で自由な意見交換を行うものです。

 

(1)実施団体:日出坂せきもりの会

 

(2)日時:平成18年4月9日(日曜日)14時00分-15時00分

 

(3)場所:三田市藍本「日出坂あらいぜき」前

グループ概要:
 三田市藍本日出坂地区における武庫川の改修について、工事の実施段階から、県、三田市とともに「日出坂親しめる水辺をつくる会」を構成して、環境保全や水辺の利活用のあり方を検討してきた地元住民が、工事の完成を機に、自主的に環境保全や水辺の利活用を図るための実践活動を行っていくために結成。「日出坂洗いぜき」周辺で、子ども達を対象とした水辺観察会を実施する等、川の楽しさ、すばらしさを伝えるための活動を行っており、また、当該地区における今後の川づくりについての検討を行っている。平成18年3月25日には、県版アドプトプログラム「さくらの守人事業」活動団体として登録。

(4)参加者:知事、日出坂せきもりの会メンバー8名
三田市長、三田市議会議長、芝野県会議員、野間県会議員、
県民局長

当日の開催状況についての詳細は下のPDFファイルをクリックしてください

平成18年度第2回

当日の参加者

阪神北さわやかトーク実施結果

平成18年8月20日(日曜日)に「阪神北さわやかトーク」を実施しました。

(1)実施団体:宝塚専心会

 

(2)日時:平成18年8月20日(日曜日)9時30分-10時30分

 

(3)場所:宝塚福祉コミュニティプラザ「ぷらざこむ1」2階 クッキングルーム及び会議室
グループ概要:
 そば・うどん打ちを通して、心の交流を図り、社会奉仕をすることにより、自分たちの心を磨くことを会の目的としている。
 毎週火曜日に、宝塚福祉コミュニティプラザ(ぷらざこむ1)でそば打ちの技術研鑽会を開き、そこで培った技術を、障害者施設や高齢者福祉施設、地域行事等にほぼ毎週末出向いて、披露している。また、知的障害者の自立を支援することを目的に、毎週木曜日に「空月庵」にて、そば・うどん打ちの指導を行っており、現在2名が指導を受けているが、打ち1名は「素人そば打ち段位認定」の初段に合格するまでの腕前に上達した。その時打ちあがったそば・うどんは市役所等で販売し、その売り上げは福祉施設等へ寄付している。

 

(4)参加者:宝塚専心会のメンバーなど14名、県民局長、宝塚市長、ねりき県会議員、森脇県会議員

当日の開催状況の詳細については下のPDFファイルをクリックしてください。

関連メニュー

お問い合わせ

部署名:阪神北県民局 総務企画室

電話:0797-83-3117

FAX:0797-86-4379

Eメール:hanshinksom@pref.hyogo.lg.jp

部署名:阪神北県民局総務企画室企画防災課
電話:0797-83-3117
FAX:0797-86-4379