ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 認知症 > 「阪神北・認知症サポート商店街~ホッと、ほほえみ ストリート~」の認定・補助

ここから本文です。

更新日:2020年4月24日

「阪神北・認知症サポート商店街~ホッと、ほほえみ ストリート~」の認定・補助

タペストリー

認知症サポーター商店街

タペストリー(例)

阪神北県民局では、認知症になっても、できるだけ住み慣れた場所で力を発揮して暮らしていける社会の実現のため、認知症の人も安心して買い物ができる「阪神北・認知症サポート商店街」を認定し、認知症サポーター養成講座の開催や、普及啓発資材の作製等に要する費用を補助しています(初年度のみ)。

 

 

 

 

 

 

「阪神北・認知症サポート商店街」認定状況

平成30年度認定

  • ソリオきた山手商店会(宝塚市)
  • トナリエ清和台テナント会(川西市)
  • フローラ88会(三田市)
  • イオンモール猪名川同友会(猪名川町)

  令和元年度「阪神北・認知症サポート商店街」活動まとめ(PDF:1,162KB)

令和元年度認定

  • イオンモール伊丹(伊丹市)
  • イオンール伊丹昆陽(伊丹市)
  • アピア3(宝塚市)

  令和2年度「阪神北・認知症サポート商店街」活動まとめ(PDF:2,853KB)

令和2年度「阪神北・認知症サポート商店街」の認定・補助について

補助の対象となる団体

商店街・小売市場(任意団体を含む)、ショッピングセンター等

補助の対象となる事業

阪神北・認知症サポート商店街として実施する下記の事業

  1. 加盟店舗の店主・従業員等を対象とした認知症サポーター養成講座の開催
  2. 広報啓発資材(タペストリー、チラシ等)の作製、掲示等
  3. 認知症に関する啓発イベントの実施

対象事業の期間

令和2年5月7日(木曜日)~令和3年3月31日(水曜日)

補助率と補助金の額

1団体につき200千円を限度に、定額補助。 

応募方法

※詳細は事業手引き(PDF:1,580KB)をご覧ください。

※応募書類、交付申請書類等は、関連資料からダウンロードできます。

応募期間

令和2年5月7日(木曜日)から令和3年1月29日(金曜日)

※当該年度の予算がなくなり次第、終了します。

※郵送または持参により提出してください。

提出書類

事業計画書(ワード:35KB)

収支予算書(ワード:90KB)

事前着手届(ワード:35KB)(交付決定前に認知症サポーター養成講座を開催する場合のみ、提出してください)

提出先・問合せ先

宝塚健康福祉事務所企画課

〒665-0032 宝塚市東洋町2-5
TEL:0797-72-0054 FAX:0797-61-5188
電子メール:takarazukakf@pref.hyogo.lg.jp

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:阪神北県民局 宝塚健康福祉事務所 企画課

電話:0797-72-0054

FAX:0797-61-5188

Eメール:takarazukakf@pref.hyogo.lg.jp