ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 認知症 > 阪神北地域の認知症カフェ

ここから本文です。

更新日:2019年7月16日

阪神北地域の認知症カフェ

認知症カフェとは

認知症カフェは、認知症の人やその家族、医療や介護の専門職、地域の人など、誰もが気軽に参加することができ、くつろいだ雰囲気の中で話ができる「集いの場」です。

活動の内容は様々ですが、認知症の人やその家族同士が情報交換するだけでなく、医療や介護の専門職に相談ができ、地域の人との交流の場になっています。

阪神北地域では、22か所の認知症カフェが開設・運営されています(平成30年9月1日現在、兵庫県ホームページ公表の同意が得られたカフェ数)。

パンフレット「阪神北地域の認知症カフェ活動状況」(令和元年5月時点)

阪神北地域(伊丹市、宝塚市、川西市、三田市、猪名川町)で開設・運営されている認知症カフェの活動状況をご紹介します。

お近くの認知症カフェ等について詳しく知りたい時は、パンフレットに記載している各カフェの連絡先、あるいはお住まいの市町の認知症相談センターへお問い合わせください。

 

 

2019認知症カフェパンフ表紙

 

認知症カフェ関連情報

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:阪神北県民局 宝塚健康福祉事務所 地域保健課

電話:0797-72-0054

FAX:0797-74-7091

Eメール:takarazukakf@pref.hyogo.lg.jp

部署名:阪神北県民局 伊丹健康福祉事務所 地域保健課

電話:072-785-7462

FAX:072-777-4091

Eメール:Itamikf@pref.hyogo.lg.jp