ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > その他健康・福祉 > 「食」でフレイル予防リーフレット

ここから本文です。

更新日:2021年7月3日

「食」でフレイル予防リーフレット

高齢期になり、心や体、社会的な機能が低下した状態を「フレイル」といいます。

フレイルの状態になると、そうでない場合より要介護状態になりやすいことが分かっています。

フレイルを予防するためには「栄養」「運動」「社会参加」が大切です。

特に、毎日の食事は元気を保つための要素が一杯です。

伊丹健康福祉事務所では、高齢期の食事づくりを応援するためのリーフレットを作成しました。

ぜひご活用ください。

「食」でフレイル予防リーフレット1(PDF:979KB)

 

 

 

 

 

毎日の買い物で栄養バランスアップ!

こんな方におすすめです。

  • 買い物に行っても、いつも同じものを買ってしまう。
  • 買い物も含め、外出がおっくうになってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

お悩み別献立例

こんな方におすすめです。

  • 減塩したい方
  • できるだけ簡単に食事の用意をしたい方
  • 料理をしない方

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:阪神北県民局 伊丹健康福祉事務所

電話:072-785-9437

FAX:072-777-4091

Eメール:Itamikf@pref.hyogo.lg.jp