ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 薬物乱用対策 > (阪神南地域)ダメ!!薬物乱用(小中学生啓発用)

ここから本文です。

更新日:2009年7月7日

(阪神南地域)ダメ!!薬物乱用(小中学生啓発用)

○当サイトは、小学校高学年~中学校の児童・生徒(特に小学校5~6年生の児童)に対して薬物乱用防止啓発を行う際に使用していただくことを目的に作成しております。
 薬物乱用の近年の低年齢化を踏まえ、児童・生徒に分かりやすい資料が必要として、阪神南県民局管内の各市教育委員会や保健所等の協力を得て作成したものです。
 
○内容としては、学校での授業等で利用してもらうことを想定し、指導者が薬物乱用について児童・生徒に説明しながら読み進み、児童・生徒自身が薬物乱用について考える、という構成になっています。併せて、学習効果を確認するための感想を記載するページも作成しました。
 また、薬物乱用防止啓発に当てることのできる時間数を1回程度50分程度と考え、若年層で最も多く乱用されているシンナーを中心に、その危険性や誘惑への対処法についてまとめました。

(概要)

 

薬物乱用ってなに?

 

小中学生には耳慣れない「薬物乱用」がどのようなものか説明しています。

薬物乱用の恐ろしさ

 

薬物乱用によって生じる身体・精神の異常や、薬物乱用が犯罪であることを説明しています。

どうして薬物乱用するの?

 

なぜ若年者までが薬物乱用してしまうのか、主にそのきっかけを中心に説明しています。

ことわる勇気をもとう!

 

薬物乱用の誘いへの断り方を中心に、薬物乱用をしないための心構えについて説明しています。

感想を書いてね

 

この啓発によって薬物乱用をどのように感じ考えるようになったか等を児童・生徒に記入してもらうためのページです。プリントアウトしてご利用ください。


○なお、著作権に関しては、このサイトの画像等は商業利用を禁止します。
 その他の用途でご使用になるときは、下記にご連絡ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:阪神南県民センター 芦屋健康福祉事務所

電話:0797-32-0707

FAX:0797-38-1340

Eメール:Ashiyakf@pref.hyogo.lg.jp