ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 障害者就労支援 > 阪神南 障害者のしごと支援事業「みんなのしごと」 > 平成26年度授産製品販売力向上研修

ここから本文です。

更新日:2019年12月6日

平成26年度授産製品販売力向上研修

阪神南県民センターでは、昨年度の「障害者就労支援施設リーダー養成講座」に続き、障害者就労施設の職員を対象に授産製品販売力向上研修を実施しています。
今年度は、「デザイン思考」や「消費者目線のものづくり・サービスデザイン」などについて学ぶこととしており、今後、毎回その概要を当ホームページに掲載しますので是非ご覧ください。

開催日

場所

第1回

平成26年11月29日(土曜日)

特定非営利活動法人よつ葉会
タオ工房

第2回

平成27年1月31日(土曜日)

特定非営利活動法人よつ葉会
タオ工房

第3回
実践販売

平成27年2月7日(土曜日)
平成27年2月8日(日曜日)

あまがさきキューズモール
(JR尼崎駅前)

当研修については、特定非営利活動法人よつ葉会の協力を得て実施しています。

講師

畠健太郎氏(デザイナーPRISM代表)

チラシ・パンフレット等紙媒体のデザイン/紙面・WEB等ビジュアルディレクション/福祉施設・NPO・中小企業におけるデザインアドバイザー/大阪府エルチャレンジ訪問指導講師/神戸親和女子大学非常勤講師

 

第1回研修風景
畠先生を囲んで、ゼミ方式で学びます

第1回研修会

開催日時:平成26年11月29日(土曜日)13時~17時
開催場所:特定非営利活動法人よつ葉会タオ工房
(尼崎市東難波町3-21-31-1)
参加人数:18名
講義内容:「デザイン思考」について

1講義

主眼

いい発想、いいものづくりのためには、先入感を取り払い、頭をやわらかくし、物事を深くとらえる力を養う必要がある。今年度の研修では「デザイン思考」という手法を学び、デザイナーでなくても活用できるデザインの考え方・方法論を身に付けるということで、以下の資料を使って講義が進められた。(下の図をクリックすると、別ページで拡大されます)

グループ討議

「バレンタインデーと言えば」といったテーマで、各人が最初にイメージすることについて、次に「もしも〇〇だったら」といったようなことを洞察力、想像力を働かせて意見を出し合うことにより、「普通なら考え付かないことを考える」ということを学んだ。

グループ討議
グループで意見を出し合いました。

まとめ

  • 言葉にこだわるとまわりが見えなくなる。
  • 自分の趣味や好きなことを組み合わせて想像する。
  • どれだけたくさんのアプローチで物事を考えられるかは、日頃から経験を積むことが大切

第1回まとめ資料図

2ワークショップ

「撮影のポイントと写真の活用」をテーマに販促物やポップ作成に応用できる写真撮影のコツを学んだ。

  • 遠くからズームをかけて撮ると背景が狭くなり、被写体以外の余計なものが入らず、
    商品だけがハッキリ写る。
  • 光源から近づきすぎると影ができるので、離れたところからズームをかける。
    (ブレないように、台の上などにカメラを固定すること)
  • フラッシュは元の色を飛ばせてしまうので使わない。

 

ワークショップ写真について
カメラを手に写真撮影のコツを伝授

 

ワークショップ写真撮影
ズームを使い実際に撮影してみました

3参加者の声

  • (男性)精神障害の利用者支援を担当していますが、「知ること、考えることで世界は変わる」
    は、まさにそのとおりです。一歩踏み出すことをちゅうちょしている人が多いので、
    即、参考にします。
  • (女性)普段は仕事に追われ、デザインの視点で物事を考える習慣がなかったので、良い
    経験になりました。これからは、頭をやわらかくして、発想力を高めたいと思います。
  • (女性)グループワークは、他の人の意見を聞けるので、思いもよらない発想が得られ、
    これからの支援の参考になりました。
  • (男性)今までは商品の写真を撮ると、パッケージに光が反射してしまっていたのですが、
    講師のアドバイスで解決できました。

お問い合わせ

部署名:阪神南県民センター 芦屋健康福祉事務所

電話:0797-32-0707

FAX:0797-38-1340

Eメール:Ashiyakf@pref.hyogo.lg.jp