ホーム > しごと・産業 > 企業庁事業 > 企業庁概要 > 沿革

ここから本文です。

更新日:2019年8月23日

沿革

昭和41年4月、企業庁の前身となる企業局が工業用水道事業と電気事業の2事業で発足しました。
昭和44年から臨海土地造成事業、昭和46年からは水道用水供給事業を新たに所管事務に加え、発展を遂げる阪神や播磨の臨海工業地帯の工業用水や土地の需要、急速な人口増加に対応してきました。
昭和50年度に企業資産運用事業を開始し、昭和57年には、臨海土地造成事業を土地造成事業に改め、内陸部の西播磨テクノポリス開発に取り組むなど、県土の均衡ある発展に努めてきました。
平成5年度に土地造成事業を地域整備事業に改め、淡路夢舞台の施設群を整備したほか、阪神・淡路大震災後は災害に強いまちづくりを進めるなど県政の主要プロジェクトを推進しながら現在に至っています。

企業庁スローガン「創意と工夫で未来を拓く企業庁」

関連メニュー

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:企業庁 総務課

電話:078-362-3675

FAX:078-362-3925

Eメール:kigyosoumu@pref.hyogo.lg.jp