ホーム > しごと・産業 > 企業庁事業 > 企業庁概要 > 今年度の主な施策

ここから本文です。

更新日:2019年5月21日

今年度の主な施策

令和元年度の事業取組方針

令和元年度は、「新・企業庁経営ビジョン」及びその具体的行動計画である「企業庁総合経営計画」に基づき、公営企業として限られた資源の選択と集中を図るとともに、健全経営のもと、地域の振興と県民福祉の向上を図る。

地域整備事業については、まちの熟成等を目指し、社会経済情勢の動向を的確に捉えて既開発地区の分譲を推進する。

水道用水供給事業は、健全経営を維持するとともに、安全・安心な水道用水を安定的に供給し、工業用水道事業は、安定的な給水を確保し、経営の健全性を維持する。

また、地域創生整備事業で、市町と協定して産業拠点を整備するとともに、新たに民間事業者を活用して健康福祉拠点を整備するなど、県民ニーズ等を踏まえ、健康、環境、観光等の分野で創造的な取組を進める。

令和元年度の業務の予定量

令和元年度に予定されている主な業務は次のとおりです。
会計 項目 数量
水道用水供給事業 (1)給水団体数

22市町・1企業団

(2)年間総給水量

106,202,586m3

(3)主要な建設事業(広域水道建設工事・施設改良工事)

3,758,121千円

工業用水道事業 (1)給水事業所数

100事業所

(2)年間総給水量

243,398,052m3

(3)主要な建設事業(施設改良工事)

799,435千円

水源開発事業 西脇地域水源開発事業

49,875千円

地域整備事業 (1)土地売却面積

10ha

  阪神地域

3ha

播磨地域

3ha

淡路地域

4ha

(2)主要な地域整備事業

2,938,581千円

  阪神地域

1,110,561千円

播磨地域

1,674,377千円

淡路地域

153,643千円

 

 

企業資産運用事業

 

 

(1)年間販売電力量

32,760,869kWh

(2)資産貸付面積

833.961m2

地域創生整備事業 主要な整備事業

2,382,091千円

  小野・市場産業拠点整備事業

2,379,898千円

神戸・鈴蘭台西健康福祉拠点整備事業

2,092千円

神戸・三宮東再整備事業

101千円

関連メニュー

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:企業庁 総務課

電話:078-362-3675

FAX:078-362-3925

Eメール:kigyosoumu@pref.hyogo.lg.jp