ホーム > しごと・産業 > 企業庁事業 > 用地分譲 > 潮芦屋 業務用地

ここから本文です。

更新日:2020年9月17日

潮芦屋 業務用地

概要

潮芦屋の業務用地のうち、北部地区は、平成10年3月に復興住宅の入居開始が始まり、平成13年1月から「業務・生活利便施設用地」、「業務・研究施設用地」の分譲を開始し、高齢者マンション、介護付有料老人ホーム、特別支援学校、福祉作業所等の施設が開業しています。

南部地区は、民間活力を導入してまちづくりを進めて、平成16年4月には潮芦屋のトレードマークともなる芦屋マリーナを整備し、開港しました。続けて、ガーデンホール、スポーツクラブが開業し、マリーナを中心にした一体的なまちづくりが進んでいます。また、交流とにぎわいのあるまちの拠点として、大型商業施設(ライフガーデン潮芦屋)が開業しています。

最新の分譲情報について

ページ下部に記載しております企業庁分譲推進課までお問い合わせください。

大型商業施設内(ライフガーデン潮芦屋)のテナント出店申込みについては、運営事業者に直接お問い合わせください。

関連メニュー

お問い合わせ

部署名:企業庁 分譲推進課

電話:078-362-9390

FAX:078-362-4394

Eメール:bunjosuishin@pref.hyogo.lg.jp