ホーム > しごと・産業 > 企業庁事業 > 用地分譲 > 播磨科学公園都市内における自動運転公道実証運行・「スマートシティ・ラボ@播磨科学公園都市」

ここから本文です。

更新日:2019年11月19日

播磨科学公園都市内における自動運転公道実証運行・「スマートシティ・ラボ@播磨科学公園都市」

概要

播磨科学公園都市は、大型放射光施設SPring-8やX線自由電子レーザー施設SACLA、兵庫県立大学理学部など最先端の科学技術や人材が集積する「科学のまち」です。この都市内における自動運転技術を活用した新たなモビリティサービスの実用化と地域交通の利便性向上のため、自動運転の公道実証運行を行います。

また、これに合わせて、次世代モビリティの試乗会やスマートサービスに関するフォーラムなどの「スマートシティ・ラボ@播磨科学公園都市」を開催します。

  • 実施日 令和元年(2019年)12月5日(木曜)~9日(月曜)
  • 実施場所 播磨科学公園都市 光都プラザ・芝生広場 周辺(兵庫県赤穂郡上郡町2丁目23-1)
  • 主催 神姫バス株式会社 株式会社ウエスト神姫、アイサンテクノロジー株式会社、株式会社ティアフォー、ダイナミックマップ基盤株式会社、損害保険ジャパン日本興亜株式会社、KDDI株式会社、兵庫県(企業庁・西播磨県民局)、たつの市、上郡町、佐用町【播磨科学公園都市内における自動運転技術を活用したモビリティサービスの実用化に向けた連携協定】

自動運転公道実証運行

都市内の公道において、同乗ドライバー監視のもとでの自動運転の実証運行を実施します。

芝生広場を出発し、約3km離れた理化学研究所を折り返して戻ってくるルートを、法定速度以下、40分間隔で運行します。また、光都プラザに設置した監視ルームから、車両の遠隔監視を実施します。

  • 日時 令和元年(2019年)12月6日(金曜)~9日(月曜) 9時00分~17時00分
  • 試乗申込 事前申込制です。11月28日(木曜)に、このページで申込先リンクをお知らせします。
  • 受付期間 令和元年(2019年)11月28日(木曜)~試乗の2日前まで
  • 募集人数 4日間合計で380名様(先着順)

バス

小型自動運転EV車乗車体験

限定区域内で、ドライバーなしの自動運転走行の乗車体験を実施します。(雨天中止)

  • 日時 令和元年(2019年)12月6日(金曜)~8日(日曜) 9時00分~17時00分
  • 試乗場所 芝生広場北側(ガソリンスタンドの東側)
  • 試乗申込 当日、現地で受け付けます。(先着順)
  • 対象 身長140cm以上の方(児童・大人)

マイリー

スマートシティ・ラボ@播磨科学公園都市

次世代モビリティ試乗、遠隔診療デモ、スマートサービスのこれからを考えるフォーラム等を開催し、“次世代サービスに触れる5日間”とします。【主催:兵庫県(企業庁・西播磨県民局)】

次世代モビリティ試乗(光都プラザ及び芝生広場)

電動キックボード・バランススクーター(対象は高校生以上):12月5日(木曜)~9日(月曜)

電動カート(対象は高校生以上):12月7日(土曜)~8日(日曜)

超小型EV車乗車体験(対象は普通運転免許保有者):12月7日(土曜)~8日(日曜)

遠隔診療デモ・ドローン搬送デモ(芝生広場)

北欧で実用化されている機器を用いて遠隔診療を体験:12月6日(金曜)午後~8日(日曜)

診療後の薬の搬送を想定したドローン搬送デモ:12月6日(金曜)午後、8日(日曜)

ポスター展示

スマートサービス・デジタルサービスにつながる技術等の展示を実施します。自動運転の監視室なども見学可能です。

スマートシティ・フォーラム ~西播磨から日本のスマートサービスのこれからを考える~

自動運転実用化に向けた課題、実証都市から実装都市への展望、播磨科学公園都市を中心とした西播磨地域におけるスマートサービスのこれからについて議論します。

  • 日時 令和元年(2019年)12月8日(日曜) 12時30分~16時30分
  • 場所 県立先端科学技術支援センター 大ホール
  • 参加申込 当日現地で受付

 

※各イベントの詳細は、以下のチラシをご参照ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:企業庁 地域整備振興課

電話:078-362-3850

FAX:078-362-4270

Eメール:chiikiseibi@pref.hyogo.lg.jp